猫が『ご機嫌になっているとき』にすること5つ

猫が『ご機嫌になっているとき』にすること5つ

「猫の感情は読み取りづらい」なんて思われがちですが、そんなことはありません。猫は顔の表情や仕草で気持ちを表現しています。飼い主さんは、愛する猫の気持ちを知りたいと思いますよね。今回は猫が「ご機嫌なとき」にすることをご紹介します。

2712view

1.シッポをピンと立てる

シッポを立てる猫

猫のシッポには、尾椎という短い骨がいくつもあり、その周りは筋肉で覆われています。

また、先端まで神経が通っているため、自由自在に動かすことが出来るのです。

「猫のシッポを見れば気持ちがわかる」と言われるほど、感情がよく表れる部位だと言ってよいでしょう。

その1つがシッポをピンと立てているとき。猫はシッポを立て、猫同士で挨拶をします。

これは相手に対して友好的な気持ちを示していて、人間に対しても行うことがあります。

飼い主さんに「構ってほしい」とアピールし、甘えているのです。猫がご機嫌なときにする仕草の1つです。

2.ゴロゴロと喉を鳴らす

うっとりする猫

撫でたり、抱っこをしているときに、猫がゴロゴロと喉を鳴らしているのを聞いたことはありませんか?

大好きな飼い主さんに撫でてもらい、満足している証拠。

リラックスして、満ち足りた気持ちのときにゴロゴロと喉を鳴らすのです。

助けを求めたり、要求するときもゴロゴロと喉を鳴らすことがありますが、中低音の控え目の音は「ご機嫌」のサインです。

3.スリスリと擦り寄る

擦り寄る猫

猫同士で体をスリスリしている姿を見たことがあるでしょう。これは、親しい仲間へのご挨拶。

猫同士だけではなく、猫が飼い主さんの体にスリスリと擦り寄ることがありますよね。飼い主さんに甘えたり、おねだりするときに見られる行動です。

信頼している飼い主さんにだからこそ見せる行動。「ご機嫌」である証拠です。

4.お腹を出す

お腹を出す猫

猫にとって大切な臓器が詰まったお腹はまさに急所。

敵に狙われたら命にも関わるため、外敵を警戒している猫がお腹を見せることはありません。

そのため、お腹を無防備に出しているときは、リラックスしている状態と言えます。

飼い主さんに向かって、「見て見て~」と言わんばかりにお腹を出してクネクネ…。なんてこともありますよね。

猫がご機嫌なときにするポーズの1つです。

5.フミフミする

膝の上の猫

猫が毛布や飼い主さんの洋服の上で、前足を交互に動かすことがありますよね。

この「フミフミ」は、子猫が母猫のお乳の出をよくするために行う仕草です。

家で飼われるようになってからは、飼い主さんが母猫代わり。飼い主さんを信頼し、甘えているのです。

子猫の気分に戻り、母猫に甘えている気持ちになるのでしょうね。

毛布やクッションでフミフミしている場合も、リラックス状態でご機嫌と言えます。

まとめ

あまえる猫

いかがでしたか?猫をじっくり観察してみると、実は表情や仕草がとても豊かであるとわかるでしょう。

猫のご機嫌サインを見逃さずに、日頃のスキンシップに役立ててみて下さいね!

スポンサーリンク