猫が飼い主を『覗き見するとき』の気持ち5選

猫が飼い主を『覗き見するとき』の気持ち5選

どこからか視線を感じると思ったら、愛猫が覗き見していたことはありませんか?なぜこっそりと飼い主さんを見ているのでしょうか?そのときの気持ちをまとめてみました。愛猫の行動のなぞがとけるかもしれません。

1176view

1.狩猟本能から

覗き見

たとえ飼い猫であっても、狩猟本能は残っています。そのため、飼い主さんを「狩りの対象」と見て観察しているのです。実際に狩るかどうかは別として…。

野生では獲物をこっそりと物陰から観察し、狩るタイミングを見計らいます。たまに猫が飼い主さんを待ち伏せし、近くを通りかかると飛びかかる場合が。これは半分遊びでもあるでしょうが、狩猟本能がなせることなのです。

2.警戒中

警戒

警戒していると、こっそり物陰から飼い主さんを観察する場合が。まだ家にきたばかりで慣れていないのかもしれません。

また、飼い主さんが髪型を変えたり、知らないニオイがしたりするときなども警戒します。繊細で敏感な猫ですから、ちょっとしたことにも反応してしまうのです。

いつもと愛猫の反応が違いこっそり物陰から飼い主さんを覗き見していたら、何か気になっているのでしょう。原因に心当たりがあるのなら解消してあげてください。

3.様子見

様子見

たとえば来客があったときなど。猫は人見知りが多いので、見知らぬ人がくると警戒心を持ちます。「危ない人にゃ?」と疑っているからこそ、覗き見して様子を見ているのです。

警戒心が強いけれど、同時に好奇心も強い猫。きっと興味もあるのでしょう。本当はかけよって、ニオイを嗅ぎたいと思っているのかもしれません。危険がないと判断すれば覗き見をやめ、近寄っていくことでしょう。

4.遊んで欲しい

隠れる子猫

飼い主さんに遊んで欲しくて遊ぶ気満々でいるとき、物陰に隠れているのでしょう。「飼い主!遊ぼ?」と訴えているのです。飼い主さんが気づいてくれるまで、じ〜っと見つめているのでしょう。

視線があったら嬉しそうに飛び出して、遊んでもらおうとします。場合によってはおもちゃを持ってくるかもしれません。そんなときは少し時間を作って、一緒に遊ぶとよいでしょう。

5.何をしているか気になっている

探る猫

飼い主さんが何か不可解な行動をとっているのかも。そのため、気になってしかたないのです。大きな音がすれば警戒するでしょうし、何か楽しそうなモノをいじっていれば興味しんしんで覗きます。

遠巻きでも覗き見している以上、関心があることは間違いありません。

まとめ

しょうきちくん

どんな理由であれ、愛猫がこっそり覗き見していたらかわいいですね!筆者はよく、自分も物陰に隠れて覗き見しかえして遊びます。顔を出したり引っ込めたりすると、愛猫が興味を持ってくれるのが面白いのです。

そんなやり取りも、猫と暮らしているからこその楽しみです!

スポンサーリンク