猫がいるお家の『湿気対策』5つ!ジメジメの季節に起こりやすい湿気トラブルとは?

猫がいるお家の『湿気対策』5つ!ジメジメの季節に起こりやすい湿気トラブルとは?

寒暖差の激しい乾燥地帯出身の猫は、暑さ寒さには強いのですがジメジメが大の苦手。しかも日本は世界でも有数のジメジメ大国です。特に逃げ場を持たない室内飼いの猫には、いろいろ気を配らなければなりません。ここでは高温多湿がどう猫に影響するかとその対策をご紹介します。

630view

猫の健康に関するトラブルと湿気対策

アイスをなめる灰色の猫

1.熱中症・冷房病

身体から熱を発散できずに体調不良を起こすのが「熱中症」、高温多湿対策でエアコンを利かせすぎ夏でも冷え性や低体温で悩むのが「冷房病」です。

人や猫が快適なのは、気温25℃前後、湿度は40~60%といわれます。猫は湿度さえ低ければ多少の暑さは平気ですので、夏は少し高めの室温28℃をキープできるよう調節しましょう。

そのためにはまず温度・湿度計を準備して、気温と湿度を見える化を図ります。そしてエアコンなしの部屋にも行けるようにし、猫が自分で暑さ寒さを調節できるようにしてあげましょう。

2.皮膚病や耳のカビ

耳掃除中のスフィンクス

蒸し暑い時期には身体の免疫力が落ちるので、猫の体にも細菌やカビが繁殖しやすくなります。特に猫の舌のとどかないあごや耳の中は要チェック。

皮膚の弱い猫を頻繁に洗うのはNGですが、梅雨入り前のシャンプーは余分な毛が落とせるので蒸れ対策としておすすめです。また耳掃除は定期的に行って、中まで黒いようなら病院で綺麗にしてもらいましょう。

猫の生活環境に関するトラブルと湿気対策

肉の入った皿に手をかけるキジトラ

3.フードや水の傷みが早い

カビや細菌がはびこりやすくなる梅雨には、置き餌はできるだけ控えましょう。食事が終われば毎回お皿を下げ綺麗に洗って乾かします。

水は唾液が入るのでもちろん毎日綺麗に洗って交換です。

4.猫トイレの臭いが気になる

トイレットペーパーを襲う白黒猫

猫砂が湿気を吸って固まりにくいと、掃除のときオシッコを取りこぼしてしまいます。そしてそこに雑菌が繁殖し不快な臭いになってしまうのです。

理想はオシッコをしたらすぐに処理すること。しかし現実的には無理ですのでせめて1日1回トイレ掃除をしましょう。そして少しでも固まりにくかったり臭いが気になってきたら、それが砂の総入れ替えの合図です。

5.換気中の脱走

ブラインドから外をのぞくハチワレソックス

よどんだ空気はダニの繁殖やカビの増殖を増長させるので梅雨でも換気は大切です。部屋の対角線上の窓を開け、積極的に空気を入れ替えましょう。

ただし暑くなって窓を開ける回数が増えれば猫の脱走チャンスも増えてしまいます。猫に心置きなく外のにおいを楽しんでもらうためには、閉め忘れても大丈夫なようにすることです。それには脱走防止柵の取り付けが何より安心な対策です。

まとめ

ピンクのタオルに包まれたサバトラ

ここに挙げたトラブルや対策は別段特別なことではなく、普段飼い主さんが心がけていることばかりではないでしょうか。しかし梅雨時は高温多湿が災いして、いつもより頻繁に問題が起きやすいためやはり注意が必要です。

特に気温や湿度が上がり始めた当初はチェック基準が冬のまま。早めに気持ちを切り替えて梅雨対策に乗り出しましょう。

スポンサーリンク