猫が『好きな人だけ』にする態度4つ

猫が『好きな人だけ』にする態度4つ

猫は大好きだけど、猫の方は自分のことを好きでいてくれるのかな。ちょっと、気になりますよね。猫が自分のことを好きでいてくれるのか、猫の何気ない行動を見ればわかります。猫は、好きな人だけにする態度があるんです。

7811view

1.仰向けになる

床の上で仰向けになりこちらを見上げる猫

猫が急所であるお腹を見せるのは、信頼できる大好きな人にだけです。警戒している相手にお腹を見せることはありません。仰向けでいたら、すぐに攻撃することも、逃げ出すこともできないからです。その必要がないとわかっている、安心できる相手にだけ見せるのですね。

構って欲しい、遊んで欲しいときは、仰向けの状態でくねくねすることがあります。猫がヘソ天で体をくねらせ始めたら、一緒に遊んであげて下さいね。

2.体に乗る

人の膝の上で寝る猫

座ったり、横になっている飼い主の膝や背中に猫が乗ってくるなら、好かれていると言えるでしょう。そもそも、嫌いな人の体に乗ることはありません。警戒心の強い猫が、誰かの体の上でくつろいだり、眠ることは、とても信頼されている証拠です。

甘えているときは、体に乗って、前足でふみふみるすることもあります。ふみふみという行為は、もともと子猫が母猫の母乳を出しやすくするもの。飼い主を母猫のように思い、甘えているのです。

飼い主自身ではなく、飼い主の脱いだ服の上に乗ることもありますが、大好きな飼い主の匂いがする服の上が落ち着くのでしょう。

3.しっぽを立てて近づいてくる

しっぽを立てて歩く猫

猫のしっぽは、感情をよく表しています。猫がしっぽをぴんと立てているのは、ご機嫌なしるしです。しっぽを立てたまま近づいてくることはありませんか。小さく震わせていることもあります。それは、好きな人に見せる態度です。

ちなみに、しっぽを大きくパタパタと振るときはその逆。イライラしているときなのでご注意を。

4.目で追う・瞬きをする

こちらを見つめる猫

愛猫と目が合う、なんてことがよくありませんか。だとしたら、猫からとても好かれているのです。猫は、好きな人を目で追うことがあります。大好きな相手をずっと見ていたいのですね。

目が合った際にゆっくり瞬きをしたり、目を細めてくれたら、それは愛情表現。同じようにゆっくりの瞬きで返してあげましょう。それだけで、気持ちが通じ合います。ただし、ずっと見つめてしまうのは、敵意があるという意味になってしまうので、気をつけて下さいね。

まとめ

ハートの首輪をつけた猫

猫の態度に、思い当たることはありませんか。猫が、これらの態度を見せてくれていたら、好かれているんです。猫は、好きな人、嫌いな人を分けています。嫌いな人には嫌いな人にする態度があります。

大好きな人間に、愛情を伝えてくれている猫に、こちらも愛情で応えてあげたいですね。

スポンサーリンク