猫が『食事をしているとき』に絶対しちゃダメなこと5選

猫が『食事をしているとき』に絶対しちゃダメなこと5選

猫の食事中、思わず構いたくなってしまいませんか?その行動がものすごく猫に負担をかけているかもしれません。猫の食事中、絶対にしない方がよいことをあげてみました。ぜひチェックしてみてください。

1513view

1.邪魔をする

食べる猫

猫は安全で静かな環境で食事することを好みます。ご飯を食べている間は敵に狙われやすい時間だからです。周りがうるさいと落ち着けず、食欲もわかないでしょう。

飼い主さんが猫に触れるなどして邪魔をすると、げんなりしてしまいます。落ち着いて食べられるようにしてあげてください。なるべく食事中の猫には触れず、そっとしておくのが正解です。

2.バタバタする

落ち着かなさげな猫

周りがバタバタしていると、静かに落ち着いて食べることができません。避けてあげてください。もしどうしてもバタバタしなければいけないときは、猫の食事場所を静かなところに変えてあげましょう。

安心できないとご飯を口にしない場合も多いです。猫が食べてくれないと、健康維持に支障がでてきてしまうかもしれません。なるべくバタバタするのは避けてあげましょう。

3.注目する

舌なめずり

猫が食べているところに注目すると、気になって食べられないかもしれません。見守る場合は少し離れて行いましょう。

ただ猫によっては飼い主さんに見ていてほしい、と望む場合もあります。猫が望むなら、その通りにしてあげましょう。

4.犬も一緒に食事させる

お皿を持ってくる犬

猫と犬を一緒に飼っている場合、同時に食事させるのはよくありません。お互いのご飯を食べあってしまう可能性があるからです。そのようなことはしない、というのなら問題はないのですが。

少量なら食べても問題はありませんが、いつもお互いのフードを食べ合う、というのは問題です。必要な栄養素が十分とれなくなってしまいます。

猫も犬も落ち着いて食事をとるためにも、別室にするなどした方がよいでしょう。食べることは健康につながります。ゆっくり落ち着いて食べ、健やかでいさせてあげましょう。

5.撮影NG!?

猫を撮る

撮影されていると、ご飯が食べずらいと感じる猫がいるようです。カメラのレンズが、大きな目のようで怖いのかも。もし撮影を嫌がるようなら、やめてあげましょう。

無理やり撮っていると、ストレスになってしまう可能性があります。ご飯を食べている猫はかわいいのですが、撮影OKかNGかを確かめてからにしましょう。

まとめ

食事中

人も猫も、食事は落ち着いてとりたいもの。特に猫は音や空気の動きに敏感なので、注意してあげてください。あまりに落ち着いて食べられないと、ストレスで食欲不振や体調を崩す原因になるかもしれません。

愛猫の健康を守れるのは飼い主さんだけです。落ち着いて食事できる環境を、整えてあげてください。

スポンサーリンク