猫の寝相でわかる『愛されレベル』3つ!こんな寝相をしてたら関係改善の必要も?

猫の寝相でわかる『愛されレベル』3つ!こんな寝相をしてたら関係改善の必要も?

1日の大半を寝て過ごす猫ですが、その寝相にも猫の感情が表れていることはご存知でしょうか?あなたの愛猫はどんな寝相をしているでしょうか。本記事では猫からの「愛されレベル」と寝相に関しての情報をご紹介したいと思います。

2670view

1.お腹を隠して足の裏を床につけて寝る

ニャンモナイト

お腹は猫にとって弱点です。そのため弱点であるお腹を隠し、さらにはいつでも逃げられるように床にしっかりと足の裏をつけた状態で寝ている場合はまだ警戒心が解けていないようです。

迎えたばかりの猫や警戒心の強い猫が特にこのような状態で眠るのではないでしょうか。最初は猫も飼い主さんもお互いのことは手探り状態です。ここからの接し方次第で信頼関係は築けます。

ただし一般的に「ニャンモナイト」と呼ばれる寝相もお腹を隠してはいますが、こちらの場合は猫にとって室温が少し低いことが原因の場合もあります。

肌寒いと感じている可能性があるので室温にも気を配ってあげてくださいね。

2.仰向けになって寝る

ヘソ天

お腹を見せながら仰向けに眠る、通称「ヘソ天」は猫のリラックスした寝相の1つであると言っていいでしょう。

猫は暑い時にも仰向けになって寝る習性を持ってはいますが、それでも警戒する人間の前で弱点のお腹をさらけ出したりはしないため、ヘソ天状態の猫は外敵から襲われることはないと安心しています。

ちなみに同じ「ヘソ天」でも直立不動の人間のような姿勢で寝る猫や手足をピーンと伸ばして寝る猫など、とても個性が出やすいのでぜひ色々な「ヘソ天」を見てみてくださいね!

3.飼い主にくっつく・または飼い主のそばで寝る

抱かれて寝る子猫

飼い主さんが寝る時に一緒に布団に入ってきたり、座っている飼い主さんの膝で寝たりする猫は本当に飼い主さんのことが大好きです♡

飼い主さんにくっついていないとしても手の届く場所で寝る猫も同様です。

就寝時に愛猫が一緒に寝たがるという飼い主さんは、愛猫にとって母猫と同等の存在に思われているようです。

猫は一緒に寝る人を選ぶと言われていますので、愛猫が一緒に寝たがる場合はとても愛されている証拠になりますね♡

母猫のような存在に感じられていなかったとしても、愛猫にとって「波長が合う」人も一緒に寝たい人間のようです。

お迎えした当初は苦手だったはずの家族といつの間にか一緒に寝るようになった、という話も聞かれます。

まとめ

寝すぎな猫

いつもは呑気に寝ているなどと思われがちな猫ですが、寝相を見るだけでどれだけ飼い主さんが愛猫に愛されているかのバロメーターになるなんてすごいですよね。

たまにお迎えした当初と寝相が変わらないままの猫もいますが、その場合はその寝相がクセになっているだけという可能性もありますので「実は愛猫に嫌われてる!?」と心配する必要はないでしょう。

どんな寝相にせよ、愛猫が安心して眠れる環境を維持してあげることで、愛猫からの「愛されレベル」も上がって行くこと請け合いです♪

スポンサーリンク