猫が飼い主の『真ん前に座ってくる』ときの意味4つ

猫が飼い主の『真ん前に座ってくる』ときの意味4つ

突然愛猫が意味ありげに飼い主さんの「真ん前に座ってくる」場合、一体何を訴えているのかご存じでしょうか。今回は、意外と知られていない「猫が飼い主さんの真ん前に座る意味」について詳しく解説をしてまいります。

1630view

猫が飼い主さんの真ん前に座ってくる理由とは?

こちらを見上げる猫

猫がわざわざ飼い主さんの真ん前を陣取って座ってくる行動には、もちろんきちんとした意味があります。

猫は飼い主さんの真ん前に座ることによって、一体何を伝えようとしているのか、行動にこめられた意味についてさっそく紹介をしていきましょう。

1.甘えたい

飼い主さんに甘えたい…という理由から、真ん前に座ってくるケースは非常に多いです。

飼い主さんの視界の中に絶対に入る真っ正面に居座ってしまえば、飼い主さんもさすがに無視しにくくなりますからね。

真ん前に座ってきてスリスリとからだを擦ける…等の行動が見られる時は、高確率で甘えたがっているといえるでしょう。

2.訴えたいことがある

香箱座りで見つめる猫

「ごはんが早く欲しい」「別の部屋に連れていってほしい」といった何かしらの要求がある時に、飼い主さんの真ん前に座ってくる猫も多いようです。

「要求に応えてくれるまでここを動かないからね!」といった意味をこめて、飼い主さんに訴えかけているのだと思われます。

3.飼い主さんの真ん前が猫のくつろぎスペースになっている

飼い主さんの真ん前がちょうど猫のくつろぎスペースだった場合、飼い主さんがいるいないに関わらず座ってくつろぐ猫は多いでしょう。

猫からしてみたら「飼い主さんの真ん前」を狙って座ったのではなく、たまたまくつろぐスペースの近くに飼い主さんがいただけ…ということになります。

猫のくつろぎスペースの前に飼い主さんが居座る場合は、猫の邪魔にならないように「ちょっかいを出し過ぎない」「うるさくしない」等の配慮をしてあげるとよいでしょう。

4.飼い主さんの近くにいたい

ベッドで仕事中の飼い主を正面で見つめる猫

猫が飼い主さんのことを母猫のように感じている場合、飼い主さんの近く(=真ん前)に座って安心感を得たいのかもしれません。

特に、小さい頃から飼い主さんに育てられてそのまま成長した猫の場合は、飼い主さんのことを自分の母猫代わりだと思っている可能性は高く、成猫になってからも「親(=飼い主さん)の目が届くところでくつろいで安心したい」という子猫の気分が抜けない子も多いのです。

このような場合は、猫がさらに安心できるように、大好きな飼い主さんのにおいがついている毛布や衣類などを近くに持っていってあげると、さらに安心感を得られる可能性が高いでしょう。

まとめ

カメラ目線の猫

猫が飼い主さんの真ん前に座ってくる時は、何かしらのメッセージがあると考えてよいです。

どのような意味をこめて飼い主さんの前に座ってきているのかを察して対応してあげれば、猫からの好感度もきっと上がることでしょう。

スポンサーリンク