猫が『飼い主を頼りたくなる』3つのシーン!適切なサポートの方法とは?

猫が『飼い主を頼りたくなる』3つのシーン!適切なサポートの方法とは?

愛猫が飼い主に助けを求めるタイミングで、適切なサポートができる飼い主は愛猫から信頼されることにつながります。ぜひチェックしておきましょう。

898view

猫が頼りたくなるシーン

走る猫

家で飼われている猫は、特に飼い主のことを親猫と思いやすくなっている環境でもあります。そのため愛猫にも飼い主のことを頼りたくなる瞬間というものがあります。

飼い主がそのことに気づいて行動に移せるようになれば、その分愛猫からの信頼度も増す結果となります。

ここではどのような状況が愛猫からのサポートを要求されやすいかをまとめてみましたので、ぜひ参考にして、日々愛猫からの助けを察知できるようにしておきましょう。

1.ご飯の時

食べさせてもらう猫

野生の猫とは違って、飼われている猫は飼い主からご飯をもらって生きています。そのため、ご飯の時間になるとどうしても飼い主に頼らざるを得ません。

飼い主のことをじっと見つめたり、または鳴いたり、飼い主の体に自分の体をこすりつけたりなどをしてアピールをすることでしょう。

もちろんご飯の時間になったらそのまま定刻通りに与えて、愛猫とのご飯の時間を守るようにしましょう。ご飯の時間を守ることは、愛猫からの信頼を得るに当たって重要なことです。

しかしいつもより少し早い時間に催促しているようであれば、そのまま時間になるまで待ちましょう。

自分がアピールすればいつでもご飯をもらえる、と間違って覚えてしまっては、次回からのアピールが強くなってしまうので、あくまでも「時間通りに」という部分が大切です。

2.甘えたい時

甘える猫

飼い主と触れ合う楽しさを知った猫は、甘えたくなった時も飼い主のことを頼るようになります。

例えば、飼い主の目の前でゴロンとお腹を見せて寝そべったり、尻尾をピンと立てながら頭をこすりつけるようにして近づいてきます。

そのような時は、飼い主に甘えたいというアピールでもあるのです。

外の世界を知らない猫は特に退屈になりがちです。そんな時に飼い主が家にいることが分かれば頼りたくなるのです。

飼い主の都合で甘えさせるのではなく、愛猫のタイミングで甘えさせることができれば、愛猫はとても喜びます。

3.遊びたい時

カーテンで遊ぶ猫

猫は飼い主を交えて遊びたい時も頼ります。おもちゃさえあれば猫も一人で遊べます。しかし飼い主と一緒に遊ぶ方が何倍も楽しいことも知っているのです。

せっかく一緒にいるのであればぜひ遊びましょうと愛猫から提案のアピールをされることもあります。

例えばおもちゃをくわえて目の前で落としてくれる子もいますので、そんな時はぜひお誘いに乗っておきましょう。

まとめ

甘える猫

愛猫からの頼りに飼い主が応えることができれば、より絆を強くすることができます。

ぜひ愛猫からのアピールに気づいて、時間の許す限りは応えるようにしましょう。愛猫はとても喜んでくれますよ。

スポンサーリンク