猫が早朝から大暴れ!『騒音や寝不足を防ぐ』おすすめ対策4つ

猫が早朝から大暴れ!『騒音や寝不足を防ぐ』おすすめ対策4つ

猫の運動量には個体差がありますが、静かな時間帯に大運動会が始まるとヒヤヒヤしますよね?猫が健康な状態なのはよいのですが、人間にとってみてはさまざまな問題も。それでは対策を考えてみましょう。

698view

1.床への騒音対策は万全に

シートに乗っている猫

猫へ運動をやめさせるのはストレスになりますので、動くときの音や衝撃を吸収するマットを使います。

猫の動線には音を吸い取るマットやシートを敷きます。特に猫がジャンプする場所にはドスンという衝撃を吸収するタイプのシートを使いましょう。

部屋の中にフローリングがある場合は、騒音対策と共に猫の関節を痛めないためにも、全体的にカーペットを敷いておくと良いです。

なお、洗いやすいように切ることも可能なカッティングシートを利用すると便利です。

2.キャットタワーは壁にくっつけない

キャットタワーと窓にいる猫

音は、壁をつたって意外なところへ響くことが多くあります。

集合住宅の場合、隣と境になる壁に猫が運動をするキャットタワーやキャットウォークを取り付けないようにします。

全ての壁が他の居住者と隣接している場合は、廊下や道路に面する窓側や部屋の中央に配置する方が安全です。

3.安眠の確保は?

ジャンプして移動する猫

眠っているときに猫が上に飛び乗ってくるとかなりの衝撃で怪我をする危険性もあります。

猫は自分のテリトリーをチェックする動物ですから、縄張りに入れないとストレスになります。

家族に迎える時から寝室は猫の出入り禁止部屋にするか、自由に来てもベッドに飛び降りれるような棚などジャンプ台を作らないようにしましょう。

4.昼間にしっかり遊ばせる

窓際のおもちゃで遊ぶ猫

遊び足りなくて元気が有り余っている場合も大暴れします。

人間と一緒に暮らせば夜に眠るようになります。しかし、人間も同じですが太陽に当たらなかったり身体を動かし足りないと身体が疲労せず休めない時があります。

家の中だけで暮らす猫たちが飽きないように、毎日ちょっとの時間で良いですから遊んであげましょう。

まとめ

遊ぶ二匹の猫

猫が早朝から大暴れ!騒音や寝不足を防ぐおすすめ対策4つについてお伝えいたしました。

自分以外の人間や動物と暮らすなら、自分の思い通りにはならないと考えていた方が絶対に楽です。

特に言葉の通じない猫ですから、お互いに意思の疎通も難しいことが多くあるでしょう。

猫に無理をさせないように猫らしく過ごしてもらうには、猫の生活スタイルを知ることが大切です。

素敵な時間を増やすためにも、ぜひ猫という動物に歩み寄ってみてくださいね。

スポンサーリンク