猫が『もっとして欲しいニャ♡』と思っていること5選

猫が『もっとして欲しいニャ♡』と思っていること5選

ガッツリと要求をしてこなくても、猫は本心では「もっと○○して欲しいにゃ!」と思っているかも…。どんなことをして欲しいと思っているのでしょうか?まとめてみました。

732view

1.おやつをください

おやつが欲しい子猫

猫が飼い主さんにもっとして欲しいことといえば「おやつ」以外のなにものでもないでしょう。おやつが嫌いな猫はいません。もしもらえるなら無限にもらいたいというのが本心ではないでしょうか。

でも大量に食べたら肥満になってしまうわけで…。ですから制限がかかるのが通常でしょう。しかし本心は「いっぱい食べたい!」と思っていることに疑う余地はありません。

2.遊んで欲しい

おもちゃをくわえる猫

飼い主さんとの遊びの時間は、猫にとって至福のときではないでしょうか?でも忙しいとなかなか遊んでもらえないこともあるでしょう。それは仕方がないのですが…。

本当は「もっと遊んで欲しい!」。そう思っているかもしれません。特にやんちゃな猫や活発な猫は、そう思っているに違いありません。

猫の心身の健康を保つためにも、なるべく時間を作って遊んであげたいですね。

3.ナデナデ

仰向けになっている猫

猫は信頼している人にナデナデされるのが大好きです。そのため、「もっとナデナデされたい!」と思っていることでしょう。

とはいえ気まぐれですから、満足すればとたんに態度がひるがえる場合もあります。ですが撫でて欲しいときはとことん撫でて欲しい!というのが猫という生き物ではないでしょうか。

愛猫が催促してきたときは満足するまで、ナデナデしてあげてください。

4.気持ちを理解して欲しい

こちらを見る猫

猫は態度や仕草で自分の気持ちを飼い主さんに伝えています。それが理解されることもあれば、されないこともあるでしょう。自分の気持ちが伝わったときはとても嬉しくなるのではないでしょうか。

「飼い主、分かってくれたにゃ」と満たされるに違いありません。それが積み重なっていき、より強固な信頼関係が築かれていくのです。ですから飼い主さんに自分の気持ちをもっと理解して欲しい、と思っているでしょう。

5.たっぷりの愛が欲しいにゃ♡

ハートの中の猫

自立して生きているように見えても、実は飼い主さんの愛を欲しています。捨てられてしまった猫がすぐ人に近寄ってスリスリするのはそのためです。人の愛が必要なのです。

ですからたとえときにはそっけない態度を見せたとしても、心の奥底では「もっと愛が欲しいにゃ!」と思っているはず。愛を与えられすぎて困るということはありません。たっぷり愛してあげましょう。

まとめ

うにちゃん

猫が飼い主さんに対して「もっとして欲しい」と思っていることは、ご紹介した以外にもたくさんあるでしょう。それはご家庭によっても違うでしょうし…。愛猫が求めているものを汲み取って、与えてあげてくださいね!

スポンサーリンク