猫にとって凶器になる『家の中の危険物』5選!今すぐやるべき対策とは?

猫にとって凶器になる『家の中の危険物』5選!今すぐやるべき対策とは?

家の中でも事故にあう猫がいることはご存知ですか?安全そうでも意外と危険な物がたくさんあるのです。どのような物が凶器になってしまうのか、対策と合わせて見ていきましょう!

853view

1.ヒモ

ヒモ

ヒモは猫が大好きなアイテムです。夢中になって遊んでいるうちに飲み込んでしまい、体内に入ってしまうことがあります。そのまま便と一緒に排泄されればよいですが、腸が破れる事態になることも。

そうなると命に関わってきます。特に1歳までの子猫は誤飲をしやすいので、十分に注意してください。意外と飼い主さんの長い髪の毛も危険です。

猫の手が届く場所にヒモ状のものを置いておかないようにしましょう。

2.ビニール

ビニール袋

ビニールの感触やカサカサする音が好きな猫も多いです。ビニール袋に入りこみ、遊ぶ場合もあるでしょう。飼い主さんが見ているときなら危険を回避できますが、猫だけのときは絡まって事故が起きるかもしれません。

飼い主さんの留守中に猫がビニールで遊び、誤飲などの危機にさらされないよう注意していきましょう。猫が開けられない棚の中などにしまっておくと安心です。

3.植物

ユリ

一見何ともなさそうな植物ですが、猫が口にすると毒となってしまう場合があります。特にユリ科の植物は危険です。花瓶の水を飲んだだけで中毒を起こした例も。

猫草なら猫が口にしても問題はありませんが、それ以外の植物には十分注意してください。猫がいる部屋には飾らないのが一番無難です。

4.薬

薬

飼い主さんの薬を誤って誤飲してしまうことも。猫には合わない場合がほとんどですので、絶対に口にしないようにしてあげてください。中毒を起こしてしまうケースもあります。

人には薬でも猫には毒なのです。小さいのでおもちゃ代わりに遊んでいて、誤って口に入ってしまうかもしれません。もし飲み込んでしまった場合は何の薬かを把握すると共に、早急に動物病院へ連れて行きましょう。

5.飼い主さんの食べ物

食べ物

飼い主さんの食べ物は、猫にとっては危険な場合が多いです。玉ねぎやニンニク、チョコレートなどを食べてしまうと中毒症状を起こしてしまいます。その他にも生のイカやアワビなども危険です。

人向けに味付けされている食べ物は味が濃すぎて、猫の体に負担がかかってしまいます。味付け前の害のない食べ物を分け与えるなら問題はありませんが、十分気をつけましょう。

まとめ

寝ている子猫

安全そうな家の中も、猫にとっては危険物がいっぱいなのです。その危険性を知り事故の予防に努めましょう。人には何ともなくても猫にとっては毒となるものがあると知っておくと、より注意していけます。

愛猫の安全を守れるのは飼い主さんだけです。がっちりと守ってあげてくださいね!

スポンサーリンク