猫は人間と一緒に寝たい?『添い寝』をしたがる理由4つ

猫は人間と一緒に寝たい?『添い寝』をしたがる理由4つ

猫と初めて暮らすと添い寝は憧れになりますよね!足と足の間や脇の下、布団の上など、様々な添い寝の形があり、顔の横に眠ってくれたらボーナスをもらったような気持ちになるでしょう。それでは添い寝しにくる猫の心を見てみましょう。

2417view

1.暖かくなりたいニャ

添い寝する猫を撫でる人間

猫の体温は38〜39度で人間より少し高めです。そのため、ほのかな暖かさで気持ちよく暖をとりに人間と添い寝をする猫は多いようです。

暖かくなりたい猫は気候が変化して気温が上がってきたり、室温が適温であればそばには来ません。猫が寄ってこないのを寂しがり、わざと室温を寒くする人もいるようですよ。

2.甘えたいニャ

顔と顔をくっつけて眠る猫と人間

甘えたい場合は季節が変化しても添い寝してくれます。

顔に近ければ近いほど信頼して甘えているようです。枕が同じだったり、お尻を顔にくっつけて寝る猫は最高潮に添い寝する人を大好きでしょう。

ただし、トイレをした後のお尻はちょっと良い香りがするかもしれません(笑)。

3.リラックスしたいニャ

布団の上で眠る猫

性格にもよりますが、甘えるのではなくリラックスしたいので添い寝をしにくる猫もいます。

お互いに信頼をし合っているので心音や温もりを感じる場所にいると安心して熟睡できるのでしょう。この感覚は猫だけではなく人間の方も一緒ですよね。

4.人間の動きを把握していたいニャ

赤ちゃんの横で眠る猫

特にお腹が空いて起こしに来ている猫がする行動です。いつ起きても大丈夫なように添い寝していれば、いつでも起こしてご飯の催促をすることができます。

このような猫には狸寝入りは全く通用しないので、目が覚めたら猫のために起きなければなりません。

同じく動きを把握したい場合でも赤ちゃんと一緒に眠る猫は、自分が親で守らなければと思っているようです。

一緒に寝る時の注意点

一緒に寝ているベッドで起きる猫

やはり違う種類の動物ですから共通の感染症などには注意し、常に一緒に眠るベッドを清潔にしておく必要があります。

子猫と一緒に眠る場合、まだ反応が鈍いので人間の寝返りで下敷きになってしまう危険性があります。

後悔しないためにも子猫と本格的に眠る時は別々のベッドが良いでしょう。

まとめ

人間の顔に抱きついて寝る猫

猫は人間と一緒に寝たい?『添い寝』をしたがる理由4つについてお伝えいたしました。

猫の性格によって理由は様々ですが、人間と眠りたがる猫はやはり多いようです。

そばに寄ってきたら嬉しくなってしまいますが、冷静に気が付かないふりをして猫が去らないように気をつけてくださいね。

スポンサーリンク