猫に『心を開いてもらえる人』に共通すること3つ

猫に『心を開いてもらえる人』に共通すること3つ

自然と猫に懐かれやすい人を見かけたことはありませんか。もしかすると猫に心を開いてもらえる特徴があるかもしれません。ぜひ参考にしてみて下さい。

3217view

猫に心を開いてもらえる人

覗く猫

猫にも、(この人になら心を開ける)と思える人とそうではない人というのが、しっかりと分かれています。

私たちの周りにも、やけに猫に好かれる人と嫌われる人の両方がいらっしゃると思います。

ではその中でも、猫にとって心を開いてもらいやすい人に共通していることは何なのかを調べてみましたので、ぜひ好かれたいと思っている人は参考にしてみて下さい。

また、最近新しく猫を飼いだして、これから親密な関係になりたいと願っている人でも参考になると思います。どのようにしたら猫にモテるのか知っておきましょう。

1.猫に好かれる振る舞い

立つ猫

猫は人間の言葉が話せませんが、自分に話しかけられていることは分かりますし、話をしている人が怒っているのか穏やかでいるのかも、その声のトーンで判断することができます。

特に「猫にとって耳心地が良い音」というのを調べると、地声が「ド」の音階だとすると「ミ」や「ファ」ぐらいの音階が良い、とされています。

低い声は動物が威嚇している音階に似ていて嫌がられ、なるべく高い声が好みのようです。

例えるなら、人間の赤ちゃんに話しかけるような声で話すと猫は喜びます。

また、大きな音よりは「静かな音」を好みますので、普段の生活も必要以上の大きな音は出さないように注意しましょう。

猫は、見ていないようで実はずっと飼い主のことを観察しています。

2.撫で方が上手

撫でられている猫

猫は大好きな飼い主に触れられることは、基本的には好きです。

しかし、猫によって触られたい場所や好みの強さ、そしてタイミングが異なります。

猫に心を開いてもらいやすい人はこのポイント押さえることが上手な人が多いです。

愛猫の場合はどうでしょうか。長く一緒にいると、好みの場所などは分かってくるかと思います。

長く触られるのが良いのか、それとも短い時間が良いのか猫の好みは様々ですので、じっくり探っていきましょう。

3.適切な距離を保てる人

歩く猫

猫は基本的に自由奔放です。自分が甘えたい時に近づいてきますし、一人でいたいときは違う部屋で一人で静かに過ごしています。

そのため、愛猫のことが好きすぎてべったり構いすぎる事も、逆に嫌われてしまう要素になります。

飼い主も猫と同じように距離を保ちながら、時折触れ合う時間を設けて接していくことが一番良いのです。

依存するのではなく、お互いに好きなことをしながら、時には密な時間を過ごすような関係性がベストです。

まとめ

リラックスしている猫

猫にとってどんな行動がベストなのか、そのポイントを押さえた人が猫に心を開かれやすいと言えます。

自分の欲求を満たすのではなく、猫にとってどんなことが気持ちいいのかを探りながらコミュニケーションをとっていきましょう。

スポンサーリンク