『クールな猫』にかまってもらうコツ3つ

『クールな猫』にかまってもらうコツ3つ

甘えん坊やクール系など猫の性格も様々ですが、なかなかかまってもらえないのが「クールな猫」ですよね。そんな「クールな猫」にどうしたらかまってもらえるのか、本記事でコツをご紹介したいと思います。

619view

1.適度な距離を保つ

手をつなぐ人と猫

猫にかまってもらいたいのであれば、飼い主さんも猫のペースは大切にしなければいけませんよね。

人間にはパーソナルスペースがありますが、これは猫にも存在します。猫にかまってもらうためには猫のほうから近づいてもらう必要があるため、信頼関係が大切になってきます。

クールな性格の猫でも飼い主さんのことをきちんと見ています。

愛猫の性格に合わせたコミュニケーションで信頼関係を築き、猫のほうから近づいてもらえるようになることが「かまってもらうコツ」の第一歩だと言えるのではないでしょうか。

2.好きなおもちゃで遊ぶ

毛糸で遊ぶ子猫

クールな性格であっても遊び好きであればお気に入りのおもちゃはあるはずです。そのおもちゃを使って愛猫を遊びに誘ってみるのもいいかも知れませんね。

猫は生粋のハンターです。おもちゃであっても「獲物」が目の前に現れたら、きっと乗ってくれるでしょう。愛猫が遊ぶ気になってくれたら、後は気が済むまで遊んであげるだけです♪

愛猫と遊んであげているつもりでも、実は飼い主さんのほうが遊んでもらっている、ということもあるかも知れませんよ。

ただし、遊びに誘っても乗ってこない時は、無理にこちらからかまわないようにしてあげてくださいね。

3.「かまって」のサインを見逃さない

かまってほしい猫

どんな性格の猫でも、飼い主さんにかまってほしい気分の時がないわけではありません。ただし、「かまって」のサインがとても控えめな猫は存在します。サインを送る頻度も性格によります。

飼い主さんのことをじっと見つめていたり、呼んだらすぐに駆けつけたり、飼い主さんが何か作業をしている時に邪魔をしてきたりとサインも様々ですが、これらのサインを見逃さないようにするのも猫にかまってもらうコツです。

愛猫からの「今ならかまってくれてもいいですよ」というサインや仕草を飼い主さんが理解し見逃さないようにしてあげると、愛猫が飼い主さんにかまってくれる気分になっているかどうかがよく分かりますね。

まとめ

遊んでもらう子猫

クールな猫は甘えん坊な猫よりかまってくれる頻度は少なめです。満足したらすぐにどこかへ行ってしまうことも。でもそんな性格もまた魅力的なんですよね♡

愛猫にかまってもらいたいあまり、飼い主さんのほうからしつこく付きまとうことだけは、くれぐれもしないように注意しましょう。追いかけられると逃げたくなるのが猫です(笑)

愛猫のことが大好きすぎる飼い主さん、実は愛猫から「しょうがない人ねぇ…」と思われているかも知れませんよ。

それでも気が向いたら付き合ってくれる愛猫には、感謝しなければいけませんね。

スポンサーリンク