猫が『可愛いニャ〜♡』と思う飼い主の行動3選

猫が『可愛いニャ〜♡』と思う飼い主の行動3選

猫と暮らしていると「いったい猫は自分のことをどう思っているんだろう」と考えることがありますよね。実際、猫は飼い主さんに対して怒ったり、甘えたり様々な感情を表現します。そんな猫が、飼い主さんの行動を「可愛いニャ~」と思うのは、いったいどんなときなのでしょうか?

611view

1.おねだりに弱い所

ご飯をもらう猫

足元にスリスリしたり、じっと見つめて「ニャー」と鳴いたり…。猫のおねだりは何とも可愛らしいですよね。

そんな姿を見ていると、「お腹空いたの?」「撫でてほしいの?」と猫の望みを叶えたくなってしまうでしょう。

猫は(こうおねだりをすればオヤツがもらえる)などとしっかり学習しているので、きちんと考えた上でおねだり攻撃をしてくるのです。

猫の可愛さ故に、その攻撃に負けてしまう飼い主さんも多いでしょう。猫はそんな飼い主さんの行動を「可愛いニャ~♡」と思っているかもしれませんね。

2.どんくさい所

見つめる猫

「猫は、人間のことを『大きな猫』だと思っている」という説があります。

体を擦りつける、シッポを立てる、顔や体を舐めるなどの行動は、本来猫同士がする行為ですが、飼い主さんに対しても同じような行動をしますよね。

そのため、「猫は人間のことを『大きな猫』だと思っている」のではないか、というのです。

しかし、高い所にジャンプも出来なければ、動きも遅く、鈍い飼い主さんを「猫のくせにどんくさいニャ~。でも可愛いニャ~」と思っているかもしれませんね。

3.やたらと顔をくっつけてくる所

顔をつける猫と少年

猫同士は、鼻チューや顔を擦り寄せ、挨拶を交わします。これは、親愛の証であり「好意を持っているよ!」のサインでもあります。

愛猫が飼い主さんの顔にスリスリしてくることがありますよね。これは、飼い主さんを信頼し、「好き」のサインなのです。

愛らしい猫の顔を見ているだけで、飼い主さんも自分の顔を擦り寄せたくなるのではないでしょうか?そんな姿を見て、「可愛いニャ~」と思っているかもしれません。

ただし、しつこく顔を近づけると猫に嫌がられることもあります。ほどほどにしましょうね。

まとめ

ウインクする猫

いかがでしたか?愛する猫が自分をどう思っているのか、気になりますよね。

本当の所は猫に聞いてみないとわかりませんが、大好きな飼い主さんのことを「可愛いニャ~♡」と思うことはあるのでしょう。

猫の気持ちを読み取って、猫も飼い主さんも幸せな毎日を過ごして下さいね!

スポンサーリンク