猫と一緒に寝るためにすべき工夫5つ

猫と一緒に寝るためにすべき工夫5つ

愛猫と一緒に寝る、至福の時間。ですが全く布団に入ってきてくれない、と嘆く飼い主さんもいらっしゃるでしょう。どうしたら愛猫との幸せなひとときをすごせるのでしょうか?そのためにできる工夫をまとめてみました。

1614view

1.信頼関係を築く

寝ている猫

どの動物も睡眠の時間は無防備になります。ですから、寝姿をさらしても大丈夫という信頼がなければ猫は飼い主さんと一緒に寝ようとはしないでしょう。信頼関係を築くことがなによりも大切です。

猫のお世話をしっかりすること、そして嫌がることはしないなどして、積み重ねていきましょう。母猫のようだと思われれば、もう信頼関係は勝ち取ったも同然です。母猫代わりの飼い主さんと寝るのは、猫にとって何の不思議もない習慣となるでしょう。

2.猫のお気に入りをそばに置く

爆睡中

飼い主さんの布団の側に、猫お気に入りのベッドや毛布、タオルなどを置いてはいかがでしょうか?それにつられてやってくるかもしれません。しばらくはお気に入りの上で寝ていても、そのうち飼い主さんの布団が気持ちよさそうだな、と思って侵入してくるかも。

そうなればしめたものです。飼い主さんと一緒に寝ることや布団の気持ちよさに目覚めてもらいましょう。

3.布団にトンネルを作る

仲良し

猫は狭くて薄暗い場所を好みます。あらかじめ布団の一部にトンネルを作るのもオススメです。ぽっかりと空いた穴に興味を持って覗き込みにくることでしょう。

そのまま入ってくれれば、晴れて念願の添い寝となるかもしれません。ただ猫は警戒心が強いので、飼い主さんが「入れ〜!」と変な念を送っていると何かを感じ取り、去ってしまうかも。あまり期待せず、入ったらラッキーくらいの気持ちでいましょう。

4.清潔にする

一緒に寝る猫

猫と一緒に寝るときに気をつけたいのが清潔面です。人にも移ってしまう病気や寄生虫などがあります。一緒に寝て濃厚に接触すると、それらが飼い主さんに移ってしまうかもしれません。

予防接種や駆虫、ブラッシングなどをして予防してください。どうしても不安な場合はやはり、猫とは寝ないのが一番です。

5.つぶさないように工夫

添い寝する猫

特に子猫と寝る場合、誤って飼い主さんの体重でつぶさないようにしましょう。近くに寝かせてもよいですが、適度な距離をとったり子猫を箱に入れたりして守ってあげてください。

またあまりにベタベタとして、猫を必要以上に依存させるのもよくありません。いくらかわいい猫とはいえ、適度な距離は大切です。構いすぎには注意しましょう。

まとめ

ランくん

猫と一緒に寝るには、様々な工夫が必要です。猫によっては自ら飼い主さんの布団に入ってくることもあるでしょう。

猫を布団に招き入れるのは、冬の方がオススメです。飼い主さんと一緒に寝ると温かいと知れば、自然と足が向かうでしょう。

スポンサーリンク