猫が『おもちゃ』で遊ばないときの心理4つ

猫が『おもちゃ』で遊ばないときの心理4つ

猫は根っからのハンター。そして、「おもちゃ=獲物」。家の中で飼い主さんと暮らしていても、狩猟本能は強く残っています。そんな猫が遊ばないと、飼い主さんとしては心配になりますよね。いったい猫はどのような気持ちなのでしょうか?猫がおもちゃで遊ばないときの心理についてまとめてみました。

740view

1.大人になったから

おもちゃの前に座る猫

子猫の頃は好奇心旺盛で、どんなおもちゃにも興味を示し、よく遊びますよね。猫がおもちゃにじゃれる姿を見ているだけで、飼い主さんにとっても楽しい時間でしょう。

しかし成長と共に、遊ぶ回数や時間が減るタイミングが必ずやってきます。子猫から飼っている場合は、「急に遊ばなくなった」と寂しく感じるかもしれません。

しかし、猫は元々、狩りの時間以外は出来るだけ動かずに体力温存をする動物。成長と共に体力も衰えてくるので、無駄な体力を使わないようにしているのです。

2.乗り気ではない

ベッドの上の猫

猫におもちゃを見せても見向きもしないときがありますよね。疲れているときや眠いときなど、人間と同じように、猫にも乗り気ではないときがあります。

また、さっきまで楽しそうに遊んでいたのに、急にやめてしまうこともありますよね。猫は気まぐれでマイペース。気分が乗らないときは、おもちゃを見せても遊ぶことはないでしょう。

そんなときに飼い主さんの都合で無理強いするのは禁物。猫が自分から寄って来るのを待ちましょう。

3.つまらない

見上げる猫

猫は意外にも好き嫌いがはっきりしている動物。

現在、色々な種類のおもちゃが売られていますが、どんなおもちゃを好むかは猫によって様々。「せっかく買ってきても全然興味を示さなかった」という経験をした飼い主さんも多いでしょう。

また、飼い主さんのおもちゃの動かし方でも、猫が興味を示すかは変わってきます。おもちゃを獲物に見立て、動かすのがポイントです。

例えば釣り竿型のおもちゃは、大きく振って鳥や蝶の動きをイメージしてみましょう。

ネズミや猫じゃらしのおもちゃは強弱をつけて動かしたり、ビニールや紙袋の下でカサカサと音を立てると喜びます。

落ち葉の下で動く虫を連想させ、猫の狩猟本能にスイッチが入るのでしょうね。

4.体調が良くない

横たわる猫

いつも遊んでいるおもちゃに全く興味を示さないとき、体調が悪い可能性もあります。ケガをして痛みがあったり、体に異常があるのかもしれません。

いつもより元気がないと感じたら、体に触れ、痛がる様子はないか、尿や便に異常がないか確認しましょう。

まとめ

おもちゃと猫

いかがでしたか?猫がおもちゃで遊ばないと「どうしたのかな?」と心配になりますが、それなりの理由があるようです。

「最近、猫がおもちゃで遊ばない」という場合は、ぜひ参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク