猫が『眠る場所』でわかる飼い主への信頼度3つ

猫が『眠る場所』でわかる飼い主への信頼度3つ

眠るとき、猫はいつもどこにいるでしょうか?実は、猫が寝る場所によって、どれだけ飼い主を信頼しているかが、わかってしまうんです。猫がどんな場所で寝ていたら、飼い主は信頼されているのでしょうか?

5187view

寝るときは猫と一緒

仰向けになる猫の前足を触る人の手

猫と一緒に寝ていますか。猫が寝るとき、飼い主にくっついているなら、これ以上ないくらい近くですね。警戒心の強い猫は、本来誰にも見つからないような場所で眠ります。それが、飼い主とくっついて寝るということは、猫に信頼されているという証です。

では、猫が寝ているのは、飼い主の体のどこに近いでしょうか。この場所によって、猫がどれくらい飼い主を信頼しているか、わかってしまいます。

1.顔のそばは飼い主が大好きで甘えたい猫

枕に頭をのせて仰向けになる猫

目を開けたら猫の顏が…飼い主の腕枕で寝たり、枕を一緒に使っているなんていう子もいるかも知れませんね。それはもう、飼い主が大好きでたまらない子です。飼い主の顏のそばで寝るのは、子猫気分が抜けない甘えん坊の子が多いようですよ。

顔のそばといっても、お尻を向けて寝ていることもあります。これでは信頼されていないのでは、と思うかも知れませんが、逆です。背中を相手に任せるということは、危険があっても守ってもらえると安心しているから。とても信頼されているからこそなのです。

2.布団の中や上は飼い主と一緒にいたい猫

人が寝ている布団の上にいる猫

猫が、飼い主が寝ている布団の中に入ってきたり、上にのってきたりすることがあります。飼い主のそばで寝たいという気持ちの表れです。季節によって、布団の中だったり、上だったりもします。寒い時季は、布団の中の方が温かいからです。飼い主も、布団の中に猫が入って来てくれれば、湯たんぽいらずですね。

寒い時季でも布団の上で寝ることもあります。飼い主と一緒にいたいけど、そこまで甘えたいわけではなく、あまり構われたくもない場合などです。おとなになってから保護された猫などは、人間への甘え方がわからずに、顔から少し離れた布団の上などで寝ることもあります。

3.足元で寝るのは警戒心の強い子

ベッドの端で寝る猫

飼い主の近くにいたいけど、まだ完全に警戒心を解いていない猫は、飼い主の足元で寝ることがあります。足元なら、何かあってもすぐに逃げ出すことができるからです。信頼度が増すうちに、だんだんお腹のそばや、顔のそばで寝てくれるようになることでしょう。無理にそばに連れてこようとせず、猫のペースに任せて見守ってあげて下さいね。

飼い主のことは信頼していても、独立心が強い子は、顔から近い場所ではなく足元で寝ることがあります。飼い主の寝相が悪くて嫌な思いをしたことがあり、布団の中ではなく足元に寝るなんて子もいますよ。

まとめ

布団の間の猫の寝顔

猫が飼い主の近くで寝るということは、信頼されているから。でも、成猫になれば本来はひとりで寝るもの。飼い主から離れた場所でひとりで寝ていても、リラックスして無防備な姿で寝ているなら、飼い主は信頼されているので、安心して下さいね。

夜、寝ている間も猫と一緒にいられるなんて、幸せです。どの場所でも、猫が安心して寝てくれていたら、嬉しいですね。

スポンサーリンク