猫と『良好な関係』を築ける人の特徴5つ

猫と『良好な関係』を築ける人の特徴5つ

猫と一緒に暮らしていても必ずしも仲良くなれるとは限りません。場合によっては関係が悪くなってしまい、幸せとは言えない状態になることだってあります。一体、猫と良好な関係を築ける人とはどんな人なのでしょうか?

923view

1.猫のことを良く知っている

抱っこされる猫

猫と良好な関係を築くのに、猫に関する知識があるに越したことはありません。また愛猫に関して良く知っていることも大切でしょう。それには常日頃から良く観察して性格や傾向などを把握しておく必要があります。

日常生活に必要な知識は、意識して勉強するようにすると良いでしょう。困った時は専門家に相談することも大切です。猫のことを良く知り、良好な関係作りに活かしていきましょう。

2.無理強いしない

撫でられる猫

猫は自分のペースを大切にする生き物です。無理強いされるのを嫌います。どうしても体のケアが必要な場合は仕方ありませんが、なるべく自由に動けるようにしてあげてください。

無理に抱っこしたり来客に見せたりすると、ストレスになってしまいます。とても繊細な生き物な為、体調を崩してしまうこともあるのです。扱いには十分注意していきましょう。

3.ストレスを与えない

遊ぶ

少し前述しましたが、ストレスを与えないことはとても重要です。新入り猫や大きな音、環境の変化などに敏感なので、注意してください。

なるべくなら過剰な刺激は与えない方が良いのですが、引越しなどどうしても行わなければいけないことがあります。そんな時はなるべくストレスを軽減できるように考えてあげましょう。かかりつけ医に相談するのも1つの手です。

猫がストレスを感じない暮らしを送らせてあげましょう。

4.惜しみない愛を与える

仲良し

猫は相手の気持ちを敏感に察します。自分に向けられているのが敵意なのか、それとも愛情なのかはすぐに分かります。ですから惜しみない愛情を与えることで、良好な関係を築きやすいでしょう。

猫と仲良くなりたければ、まずはこちらの方から愛を与えることが大切です。ただ勘違いして欲しくないのは、ただ甘やかすだけということ。それも愛の一種ではあるでしょうが、おやつを与えすぎで肥満にしてしまうのには問題があります。

猫のことを考えて健康に、そして幸せにしてあげましょう。

5.一生面倒をみると決めている

向き合う人とお猫

飼い主としては当然のことなのですが、何があっても猫の面倒を一生みる、と決めていることも大切です。覚悟を持っているかどうか、猫にも薄々分かるのではないでしょうか?

面倒見切れないから捨てる、子猫じゃなくなったから捨てるなど、残念ながら世の中には無責任な人もいます。猫は物ではなく、生き物です。

ある日突然外で放り出されたら、生きていくのは容易ではないのです。間違っても猫を捨てるような飼い主さんにはなって欲しくありません。そんな無責任な気持ちはきっと、猫にも伝わってしまうでしょう。

まとめ

jackくん

猫と良好な関係を築ける人は総じて、「猫のことを大切にする人」ではないでしょうか?せっかくなら良好な関係で暮らした方が楽しいはず。猫と楽しく幸せに暮らす為、仲良く強固な信頼関係を築いていきましょう。

スポンサーリンク