『かまってちゃん』な猫の特徴3つ

『かまってちゃん』な猫の特徴3つ

猫は割とクールでドライ…そんなふうに思ったことはありませんか?実は「かまってちゃん」な猫は結構存在するんです!本記事では「かまってちゃん」な猫に多い特徴をご紹介したいと思います♪

1093view

1.飼い主が移動するとついてくる

飼い主から離れない猫

猫はかまってほしいとき、飼い主について行くことでかまってもらえるタイミングを見極めようとしているのだとか。

お腹が空いたときやトイレを掃除してほしいなど、特別な用があるわけでもないのに猫が飼い主について行くときは「かまってほしい!」のサインだと言えるでしょう♡

愛猫がそういったサインを出していることに気付いたときにかまってあげられたら、愛猫ももっと飼い主のことが大好きになっちゃいますね!

飼い主にべったりの甘えん坊な猫は、「かまってちゃん」な猫でもあると言えるかもしれませんね♪

2.膝に乗るのが好き

膝で寝る子猫

猫が飼い主の肩や膝に乗ってくることはありませんか?肩に乗るのが好きな猫は「肩に乗ればそのまま抱っこしてもらえる」ということを知っている甘えん坊な猫です。

膝に乗るのが好きな場合…特に飼い主と向かい合わせになる場合は愛猫が飼い主とのコミュニケーションを求めている時が多いんだそうです♡

愛猫が飼い主の膝に座ってコミュニケーションを求めてきたと感じたら、飼い主も積極的に愛猫に話しかけるなどしてあげると、喜んでくれるかもしれませんよ!

3.大声で鳴く

鳴く子猫

猫の鳴き声にはシチュエーションによって様々な気持ちが込められていますが、大きな声で長く鳴いている場合は飼い主にかまってほしい気持ちが強い時が多いようです。

まるで飼い主に「ねえ!かまってよ!」と訴えているかのようですね♡愛猫のそんな気持ちが伝わってきたら余計に愛しくなってしまいますね!

ただし愛猫が激しい「かまって」アピールを頻繁に繰り返して飼い主が困ってしまうような時には、相手をしないことも大切です。愛猫との適切な距離を心がけたいですね。

まとめ

飼い主の上で寛ぐ猫

いかがでしたでしょうか。猫は人間の言葉を話すことはできませんが、様々な方法で「かまって!」を伝えてくれているんです♡

もちろんすべての「かまって」アピールに応えてあげることはできませんが、ここぞという時にしっかりとかまってあげることで愛猫との絆もより深まるでしょう。

普段は飼い主と適度な距離を保つ猫も、かまってほしい気持ちになることはあります。愛猫の性格や行動を観察し理解することでより良い関係を築いてあげるのもいいですね♪

スポンサーリンク