猫が飼い主にみせるとっておきの『愛情表現』3選

猫が飼い主にみせるとっておきの『愛情表現』3選

猫だって感情のある生き物です。飼い主に対して深い信頼をおいて懐いている時には、とっておきの「愛情表現」を見せてくれます。いったいそれはどんな仕草なのか、をぜひ把握しておいて下さい。

2516view

猫の愛情表現

ぬいぐるみ抱く猫

猫の何気ない仕草によって、癒されている飼い主は多いと思います。

その中には、猫にとって最大級の「愛情表現」とも言える仕草があります。飼い主がこの仕草を知っていて、なおかつそれを見ることができたなら、さらに嬉しくなると思われます。

今回は愛猫からのとっておきの「愛情表現」についてまとめてみました。知らなかった仕草もあるかと思いますので、ぜひチェックしてみて下さい。猫について深く知ることで、飼い主はさらに愛猫に魅了されると思います。

1.ぺろぺろ舐める

舐めている猫

飼い主が指などを愛猫の鼻先に出すと、よく匂いをチェックされると思います。これは猫にとって挨拶だったり、外からの帰宅後であれば普段と異なる匂いに興味を持っている状態になります。

しかしそのまま熱心にぺろぺろと舐めるようであれば、それはとっておきの愛情表現の一つになります。

舐めることはグルーミングと同じ意味であり、愛猫から毛づくろいをされているのです。これは猫にとって家族や親しい猫にしか行わない仕草でありますので、飼い主のことを家族として認めている証拠でもあります。

猫の舌はザラザラしていて、舐められると少し独特な感触がありますが、なるべく我慢して舐め終わるまで待ちましょう。そのまま愛猫の匂いがついた状態で撫でてあげると、嬉しそうにしてくれます。

2.尻尾を立てて歩いてくる

尻尾を立てている猫

本来尻尾を立てる行為は、甘えている時や嬉しい時の表現となります。飼い主に対して信頼感があり甘えたい気持ちを抱いているのです。野生の中では尻尾を立たせてしまうと、天敵に発見されやすくなりますので滅多にする仕草ではありません。

今いるこの環境が自分にとって安心できる場所であり、そしてテリトリーでもあるということを主張しているのです。

3.スリスリする

スリスリしている猫

飼い主が外から帰宅すると、足元にスリスリされる経験はありませんでしょうか。これは猫にとって寂しかった時や甘えたい時にする仕草になります。

猫は自分の匂いが大好きなので、飼い主にも同じ匂いになってほしいという愛情表現なのです。

もしこの仕草が見られたら、愛猫が落ち着くまでじっと待ってあげて、そのまま優しく撫で上げましょう。留守番で退屈していた様子であれば、そのまま一緒に遊んであげると、寂しさを忘れて喜んで一緒に遊んでくれます。

まとめ

甘えている猫

この他にも、猫の何気ない仕草の中にも「愛情表現」は多くあります。

全て信頼のおける飼い主に対しての仕草となりますので、見ることができるように日々コミュニケーションをとるようにしましょう。

また、愛猫への配慮を大切にすることによって、絆は深まりやすくなります。

スポンサーリンク