猫が飼い主を『独り占め』したくなる5つの要因

猫が飼い主を『独り占め』したくなる5つの要因

飼い主さんに近づく他の猫に向かって攻撃を仕掛ける猫…。多頭飼いをしているとそんな場面に出くわすことがあります。これは猫の「独占欲」が刺激されたことが原因のよう。その他にも飼い主さんを「独り占めしたい!」と思う要因はあるのでしょうか?

986view

1.多頭飼い

たくさんの猫

多頭飼いにより他にライバルが多いと「飼い主を独り占めするにゃ!」と対抗心が燃えてしまうかもしれません。ナデナデタイムに誰よりも撫でられようと必死でアピールする猫もいます。

飼い主さんにしたらちょっと嬉しい反応ですが、不平等にならないように気をつけなければいけません。競争に弱い猫がいると本当は撫でて欲しいのに十分撫でて貰えず、ストレスを溜めてしまうかも。

2.飼い主さんが何かに気を取られている

飼い主さんと猫

テレビやスマホ、パソコンなど、飼い主さんの注意を奪ってしまうものがたくさんあります。猫にとってはこれらがライバルに。自分の方に注意を向けさせようと邪魔猫に変身することはしばしばです。

飼い主さんが集中しているものの間に割り込み、「自分を見ろ」アピール。挙句の果てには座り込みを行い、まるでデモを行っているかのようです。こんな時は少し手を止めて、猫の方を見てあげると良いでしょう。

3.赤ちゃんがいる

妊婦さんと猫

赤ちゃんが生まれることは大きな喜びです。猫もきっと新しい命の誕生を喜んでくれているでしょう。でも飼い主さんがお世話に夢中になり自分の方を向いてくれないとなると話は違います。

「にゃんでコッチを見てくれないにゃん!」といじけてしまうかもしれません。赤ちゃんに危害を加える可能性は低いものの、慣れない生き物と飼い主さんの態度の変化に戸惑ってしまうことはあるでしょう。

4.猫が増えた

子猫を抱っこする飼い主

気をつけたいのが新入り猫を迎えた時です。新しく来た猫が子猫だと、どうしてもそちらに手がかかってしまいます。すると先住猫がストレスを感じてしまうことがあるのです。

体調不良の原因となることさえありますので、十分に注意してください。新入りを迎えた時は今まで以上に先住猫に手をかけることと常に優先することが大切です。

5.飼い主さんが浮気した

怒る猫

猫カフェや野良猫など、家の外は飼い主さんにとって誘惑でいっぱいです。愛猫以外の猫を触ってそのまま帰宅すると、匂いでバレてしまいます。そうすると猫の独占欲がメラメラと…。

場合によっては思い切り威嚇されたり、かなりの圧で睨まれたりしてしまいます。他の猫に触れた場合は感染症などの予防の意味も含めて、しっかりと手を洗ってから帰宅しましょう。そうすれば怒られることは少ないはずです。

まとめ

ジジくん

猫の独占欲は中々のものがあります。性格にもよりますが勝手に自分の所有物にして他の猫を近づけようとしないことがあるのです。ですから、あまり刺激しないように気をつける必要があります。

ストレスによって粗相したり、体調を崩すことは実際にあるのですから…。配慮してあげてくださいね!

スポンサーリンク