猫に『ウザい!』と思われてしまう行動5選

猫に『ウザい!』と思われてしまう行動5選

ある行動をしたら、猫がよそよそしくなった…。もしかしたら「ウザい!」と思われてしまった可能性があります。一体どんな行動をしたらそう思われてしまうのでしょうか?早速チェックしていきましょう!

2341view

1.大きな音を立てる

ウザいと言いたげな顔の猫

猫は大きな音が苦手です。何かを落とした音や掃除機の音、飼い主さんの笑い声なども「ウザい!」と思われているかもしれません。

ある程度生活音には慣れますが、やはりなるべく静かにしてあげた方が良いようです。あまりにバタバタしているとストレスになってしまう可能性が。体調にも響いてくる場合がありますので、注意してあげましょう。

2.しつこく構う

ウザいと思っている猫

可愛いのでついつい構いたくなってしまう猫。でもマイペースな生き物なので、しつこくすると「ウザい!」と思われてしまうでしょう。ストレスを溜めてしまう原因にもなり得ます。

嫌がっている時は耳をペタンと伏せたりしっぽをバタバタと振ったりしますので、そのサインを見逃さないようにしましょう。明確に「シャーッ!」と言ってくる場合も。猫のペースを乱さないようにしてあげてください。

3.邪魔する

こちらを睨む猫

睡眠中や毛づくろいなど何かに集中している時に邪魔をすると「ウザい!」と思われてしまう可能性が。特に熟睡しているところを阻害してしまうと、睡眠不足になってしまうかもしれません。気をつけてあげましょう。

猫が集中する時は毛づくろいや獲物を見つけた時、気になる音を聞いている時などです。こんな時は相手にされないことが多いので、そっとしておいてあげると良いでしょう。

4.急激な動き

怒っている猫

猫は急激な動きが苦手です。何の前触れもなく突然走りだす、大声をあげるなどをすると警戒してしまいます。「ウザい!」と思われても無理はありません。

猫が好むのは、ゆっくりとした静かな動きです。なるべくそのように動くと良いでしょう。急激な動きは猫にストレスを与えてしまう可能性がありますので、注意してください。

5.強い匂いをプンプンさせる

臭いと訴える猫

猫は人が好むような香水やアロマのような匂いが苦手です。特にアロマオイルは猫にとって毒となる可能性がありますので、近くで使わないようにしましょう。苦手な強い匂いがプンプンしていると「ウザい!」と思われてしまうかも。

逆に猫が好むのは、人が不快に感じる体臭です。飼い主さんの足や脇、汗の匂いなどを好む傾向が。「今日クサいかも…」と思ったら猫にモテモテになれるかもしれません。

まとめ

怖い顔の猫

もし猫にウザいと思われてしまったら、よそよそしい態度を取られてしまうかもしれません。ちょっと寂しい思いをしてしまうでしょう。

必要以上に気を使うことはありませんが、猫が苦手とすることや嫌だと感じることを理解してなるべくしないようにすることは大切です。愛猫が快適に日々を過ごせるようにしてあげてください。

スポンサーリンク