猫が『見捨てられた』と勘違いしてしまう飼い主の行動5選

猫が『見捨てられた』と勘違いしてしまう飼い主の行動5選

飼い主さんの行動いかんでは、猫が「見捨てられた」と思ってしまうことがあるかもしれません。それはどんな行動なのでしょうか?愛猫に勘違いされないよう、注意して行く必要があります。その為にもぜひ、チェックしていってくださいね!

23105view

1.構ってもらえない

落ち込む猫

飼い主さんの邪魔をしても可愛くおねだりしても、それでも構ってもらえなかったらきっと、猫は「見捨てられた」と思ってしまうでしょう。

基本的には単独行動が好きな猫ですが、適度な飼い主さんとの触れ合いは必要としています。ですので猫が「構って欲しい」と意思表示してきた時にはきちんと構ってあげることが大切なのです。

飼い主さんの側に来たり邪魔をして来たりした場合は「こっち向いて」と言っているので猫の方に意識を向けてあげるようにしてあげてください。

2.留守番が多い

留守番中の猫

飼い主さんが忙しいのは仕方がないことですが、あまりに留守番が多いと「見捨てられた」と感じてしまうかもしれません。比較的家で1匹でいるのは得意ですが、長時間になればなるほど寂しさを感じるようです。

長い留守番をさせた時に帰宅すると、いつもよりたくさん甘えて来ませんか?それは寂しかったからなのです。一緒にいる時は離れていた時間を埋めるくらいに愛猫と濃い時間を過ごしましょう!

3.どこかへ預けられる

放心している猫

猫は環境の変化に敏感です。慣れた家にいるのが一番リラックスして過ごせます。でもどうしても預けなければいけないこともあるでしょう。

ペットホテルや知り合いのお宅などに預けられたら、もしかすると「見捨てられた」と感じてしまうかも。理解できるかどうかは別として、猫には事情を説明しておくことが大切です。

迎えに行った時は素っ気ない態度を取られるかもしれませんが、負けじとご機嫌を取るようにしましょう。大好きなおやつなどをお土産に持って行くのも良いかもしれません。

4.他の猫ばかり可愛がる

悲しい顔の猫

多頭飼いの場合、愛猫の性格によって特にお気に入りの子ができてしまうかもしれません。でもその猫ばかりを可愛がっていると「見捨てられた」と思ってしまっても無理はありません。

新入り猫を迎えた時も同様です。新入りが子猫で先住が成猫だと、どうしても子猫のお世話に時間が取られがちです。ここで先住猫を十分に構ってあげないとストレスになってしまいます。場合によっては体調を崩してしまうことがありますので、気をつけなければいけません。

5.お世話をサボる

泣きそうな猫

ご飯やトイレ掃除、水を変えるなど猫のお世話は色々あります。それらをサボっていると「見捨てられた」と感じてしまうかも。

猫はキレイ好きなのでトイレが汚いのはすぐに気がつきます。気に入らないと抗議の意味でわざと粗相をすることがあるくらいです。

お世話をサボってしまうと猫に精神的な影響があるばかりか、体にも良くないのでそこは手を抜かないように注意してください。どうしても面倒な場合は自動式のものを取り入れるなどして、上手に手間を省きましょう。

まとめ

泣いている猫

猫は非常に繊細な生き物です。その為、信頼している飼い主さんに「見捨てられた」と思ってしまうとストレスになってしまう可能性があります。そしてそのストレスが、体の異常となって現れることも珍しくありません。

猫の健康を維持する為にも、「見捨てられた」と勘違いさせないように注意してあげてください。それができるのは飼い主さんしかいないのです。誤解されるような行動は取らずに、愛猫を安心させてあげましょう。

スポンサーリンク