猫に絶対してはいけない『撫で方』4選

猫に絶対してはいけない『撫で方』4選

猫を撫でることは、絆を深めるための大切なコミュニケーションの1つです。しかし、撫で方を間違えてしまうと、猫を不安や不快な気持ちにさせるだけではなく、飼い主さんとの絆を壊しかねません。今回は、絶対にしてはいけない「撫で方」をご紹介します。

5118view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

1.正面から近づく

拒絶する猫

可愛さ故に猫の顔を近くで見ようと、正面から近づいていませんか?

猫同士がお互いじっと見つめ合うのは喧嘩の始まり。そのため、猫は正面からじっと見つめられるのが苦手なのです。警戒心の強い臆病な猫は、逃げ出してしまうかもしれません。

撫でるときは、正面から手を差し出すのではなく、猫と目が合わない位置からそっと近づきましょうね。

2.いきなりお腹を触る

お腹を触る手

フワフワの毛で覆われた柔らかなお腹。猫を撫でるとき、いきなりお腹から触っていませんか?

猫にとってお腹は、大切な臓器が詰まっている急所。多くの猫は、お腹を触られるのを嫌がります。

触らせてくれるようになるには、信頼関係が必要かもしれません。まずは、猫が喜ぶ顔や首回りを撫でることから始めましょう。

お腹を撫でるのは、慣れてきてからの方が良いでしょう。

3.強すぎる

猫を撫でる手

フワフワとした柔らかい猫の被毛。撫でているうちについ力を入れてしまっていませんか?

ゴシゴシと強すぎる撫で方では、猫の機嫌を損ねかねません。ゆっくり優しく撫でてあげましょうね。

4.毛並みに逆らう

怒る猫

猫を撫でるとき、毛並みに逆らって撫でていませんか?毛並みに逆らう撫で方は、無理に毛を逆方向に引っ張ることになり、猫はストレスを感じてしまいます。

撫でるときは、毛の流れに沿って優しく撫でてあげましょう。

まとめ

見上げる猫

いかがでしたか?猫は気まぐれでマイペース。

撫でられて気持ち良さそうにしていても、急にどこかに行ってしまうこともありますよね。それは猫の性格でもありますが、飼い主さんの「撫で方」に問題があるのかもしれません。

猫が喜ぶのは顔や首回り。長い時間はかけずに嫌がる仕草を見せたらすぐに止めましょうね。

スポンサーリンク