猫が『好意的』なときに見せるサイン5つ

猫が『好意的』なときに見せるサイン5つ

猫との暮らしの中で、「この子は私のことをどう思っているんだろう?」と考えることはありませんか?実は猫の表情や仕草には「好意」を示すサインが隠されています。そのサインに気づくことが出来れば、猫との暮らしに喜びが増えるはずです。今回は、猫が「好意的」なときに見せるサインをご紹介します。

2823view

1.シッポをピンと立てる

シッポを立てる猫

猫同士の好意的な挨拶として、シッポをピンと立て、お互いのシッポを絡まさせることがあります。飼い主さんに対してシッポをピンと立て近づいて来るのは、「大好き」という好意を示すサインと言えます。

また、「嬉しい」「甘えたい」という気持ちのときも、シッポを立て、飼い主さんへの愛情を表現しているのです。

2.スリスリする

すり寄る猫

飼い主さんの顔や体にスリスリすることがありますよね。

大好きな飼い主さんに、自分の匂いをつけて安心するために行う「マーキング行動」の1つです。自分の匂いをつけて、「自分のもの!」とアピールするためだと言われています。

また、甘えたいときや、おねだりするときにも、スリスリすることがあります。好意的な相手に対して見せるサインの1つと言ってよいでしょう。

3.お腹を見せる

お腹を出す猫

「ヘソ天」などという言葉があるように、猫がお腹を出す姿は愛らしいですよね。

猫にとってお腹は、臓器が詰まった大切な場所。敵に狙われたら命に関わる場所なのです。

そんな急所であるお腹を無防備に見せるのは、相手を信頼している証。

お腹を出したまま眠ってしまうこともありますよね。それは安心しているからこその行動なのです。

4.顔や手を舐める

顔を舐める猫

猫同士がお互いの顔や体を舐め合っている姿を見ることがありますよね。これは仲の良い猫同士がする行為の1つであり「親愛」の証。

飼い主さんに対して行う場合は、飼い主さんに好意を持っているサインなのです。

飼い主さんが外出先で自分の知らない匂いをつけてくると、猫は自分の匂いで上書きすることで安心している、とも言われています。

5.フミフミする

毛布の上の猫

抱っこをしたとき、飼い主さんのそばで寝ているとき、前足で「フミフミ」することがありますよね。

猫は子猫の頃、母猫のお乳の出をよくするために、母猫の体をフミフミします。飼い主さんに対して同じ行動をするのは、子猫時代を思い出し、甘えたいのでしょう。猫の好意的な気持ちの表れなのです。

まとめ

お腹を出す猫

いかがでしたか?当てはまる行動はありましたか?猫がこのようなサインを見せるとき、飼い主さんを信頼し、好意を持っていると言えるでしょう。

猫の気持ちにいち早く気づいてあげられるよう、「好意的」サインを見逃さないようにしましょうね。

スポンサーリンク