猫を『ペットホテル』に預けるときに準備すること5つ

猫を『ペットホテル』に預けるときに準備すること5つ

大切な相棒である猫をどうしても「ペットホテル」へ預けなければならない時がくるかもしれません。その時に慌てないよう、猫に快適に過ごしてもらうために人間がチェックするべきポイントを考えてみましょう。

473view

「ペットホテル」とは?

ケージに入っている猫

その名の通り「ペットを預かってもらう場所」です。

人間がホテルに泊まるのとは雰囲気が違い、ほぼ施設で用意されているケージ内での滞在になります。

場所が変わると不安になりやすい猫たちですから、一泊二日ならば猫友や近くに住んでいる家族や友人、もしくはプロのキャットシッターに頼む方が良いでしょう。

しかし、長期の入院・出張や海外旅行など、長期で家を空けるために猫を家に置くことができない場合は上手に利用しましょう。

ホテルをリサーチ

ペットホテルの外観

「緊急事態へ迅速に対応」「猫専用でかつ広さがある」「感染症予防の徹底」がホテルを選ぶ三原則になります。

動物病院に併設されているホテル、もしくは具合が悪くなっても獣医師と迅速に連携しているホテルを選びます。

なるべく猫だけの専用ホテルが良いですが、見つからない時は犬や他の動物と別のフロア、もしくは別の部屋を用意しているホテル、そしてケージにある程度余裕を持っている施設にしましょう。

なお、宿泊する動物たちへのワクチン接種を徹底して、他の動物同士を接触をさせない事も大切です。

1.事前準備:ホテルへ直接電話し確認

パソコンを見る女性と猫

気に入ったホテルへは直接電話をして、納得いくまで質問し疑問を解消しましょう。

特にスタッフの人数は十分足りているか、夜中でも対応可能か、脱走防止対策が徹底されているかなどを確認しましょう。

電話の説明で納得がいったら、一度予行演習のために「トライアル宿泊」をしてみましょう。

2.事前準備:ワクチン接種をしておく

病院で診察を受ける猫

三種混合ワクチンを接種した証明書を準備しましょう。

ワクチンを接種してから一週間以降でないと受け付けてもらえないホテルが多いので、これからワクチン接種をする場合には、早めに病院を予約しておきましょう。

3.当日持ち物:ご飯、食器、毛布、トイレ砂、証明書

キャリーの前にいる猫

ご飯は、いつも食べているものを小分けにして日数分用意し、いつも使っている食器も持っていきましょう。

猫が気に入っている毛布やおもちゃ、飼い主の匂いがついている馴染みの物、普段使っているトイレ砂と使って匂いのついている砂も一緒に持参します。

そしてワクチン接種をした証明書と飼い主の身分証明書も準備します。

4.当日ホテルへ:猫を預ける、支払いをする

キャリーに入った猫と人間

ハーネスを付けキャリーバッグに入れた猫を、予約した時間にペットホテルへ連れていきます。

前払いのホテルが多く、カード使用不可の可能性もありますので、現金を必ず用意しておきましょう。

直接ホテルを見ると、相性の善し悪しも感じられるでしょう。

5.帰宅時の猫の様子を観察

腕にスリスリする猫

ホテルから帰ってきた猫の様子をしっかり観察し、特に問題なさそうなら今後は長期の宿泊を行ってみても良いでしょう。

ただし、ストレスが溜まっている様子の場合は、ホテルへの宿泊は諦めましょう。

まとめ

ケージ内の猫

猫を『ペットホテル』に預けるときに準備すること5つについてお伝えいたしました。

猫と一緒に旅が出来たらどんなにか素敵かと何度も想像しましたが、人間の都合通りにはいかないものです。

猫と一緒に暮らすならば、様々な準備を常にしておくことが大切ですね。

スポンサーリンク