寒い季節!猫と一緒に寝たい願望を叶える3つの秘策

寒い季節!猫と一緒に寝たい願望を叶える3つの秘策

猫と一緒に暮らしていると、冬になると一緒に寝たくなることはないでしょうか。寒くなると猫の体温で温まりたいですよね。ぜひ一緒に眠れるように、作戦を考えてみましょう。

521view

愛猫と一緒に寝るために

寝ている猫

季節が冬になっり寒くなってくると、夜愛猫と一緒に寝たいと思ってしまう飼い主さんも多いのではないでしょうか。

愛猫のふわふわの毛に包まれて一緒に寝ることができたなら、良い夢だって見られそうです。

そんな飼い主さんの願いを叶えるために、飼い主がどのような行動をとればいいのかをまとめてみました。悩まれている飼い主さんはぜひ参考にして実践してみて下さい。猫と一緒に寝ることはとても気持ちいいですよ。

1.一緒の部屋で寝る

布団の上で寝る猫

もし普段は別々のお部屋で寝ているのでしたら、冬の間だけでも同じ部屋で寝てみることはいかがでしょうか。

冬は気温が下がりますので、当然猫もそれは感じています。普段と違って、身体を丸めて自身の呼気で体温を維持しながら寝ようとしたり、睡眠時間も夏よりは長くなる傾向があります。そのため、同じ部屋で寝るだけで自然と猫が布団の中に入ってくる可能性があります。

冬には普段は一匹で寝ていても、この時期だけ人とくっついて寝ようとしたり、他の猫と一緒に体を温めながら寝ようとします。その習性を利用して、簡単に一緒に寝ることができるかもしれません。

2.添い寝がしやすい場所を作る

一緒に寝ている猫

もしかすると、愛猫にも一緒に寝たい気持ちはあっても、寝やすい場所がなくて困っているのかもしれません。愛猫に自分のスペースがあると思い込ませるような工夫をしてあげましょう。

例えば、猫が入りやすいように布団を少し上に持ち上げて、トンネルのような空洞を作ってあげると、猫が入ってきやすくなります。狭くて暗い場所が好みですので、布団の中だって好きなのです。

しかし、出て行こうとする猫を無理やり引き止めたり、布団の重みを感じてしまうと「危険な場所」と判断して、寄り付かなくなってしまう可能性がありますので注意しましょう。

3.信頼関係を作る

甘えている猫

愛猫と一緒に寝るためには、猫に「甘えたい♡」と思ってもらうことが肝心です。

ほとんどの猫には、親猫と一緒に寝て安心できた記憶があります。言い換えれば、一番信頼している人と寝たいと思っているのです。そのため、普段の生活から信頼関係を築くことも大切です。

ご飯の時間を定刻通りに与えたり、遊びに付き合ってストレス発散をしてあげたり、といった細かなケアも必要です。

猫と一緒に寝たいと考えたときは、まず日々の生活の中で愛猫ときちんと向き合えていたかどうかを振り返ってみましょう。

まとめ

寝ている猫

猫と一緒に寝るためには、上記のことに気をつけて実践してみて下さい。

しかし、残念ながら猫の性格によってはどうしても一緒に寝ないことだってあります。それは嫌われているわけではありませんので、個性と捉えて無理強いはしないように注意しましょう。

スポンサーリンク