猫に最適なトイレの場所とは?気をつけたい4つのこと

猫に最適なトイレの場所とは?気をつけたい4つのこと

今まで問題なかったのに、ある日突然愛猫のトイレの失敗が目立つようになることは少なくありません。そんな時はもう一度初心に帰ってトイレの見直しです。トイレの数や砂の種類、家族構成の変化などを見直してもダメなときは、設置場所に問題ないかも見てみましょう。最適な置き場を見つけるためにはこんなところに気をつけて!ポイント4つご紹介します。

1480view

1.大切な家族の集まる場所にこそトイレを置く

灰色猫、キスする夫婦と子ども

家族がいつもくつろいでいる部屋は、猫にとっても大切な場所です。

そんな場所では、自分の名前が書いてある看板を掲げたくなるのが猫の性分。いわゆるマーキングです。

つまり猫は、生活の中心リビング・ダイニングに猫トイレが最低1台はほしい、と思っているのです。

インテリア好きな方にとっては受け入れがたいかもしれませんが、動物飼育で優先すべきは彼らの習性・嗜好です。

本能を曲げようとしてもそれは無理なこと。人間生活をしっかり守りつつ猫との妥協点を探していきましょう。

2. 騒がしくない静かな場所に置く

キジトラ白と青いトイレ

いくら安心できる場所でも、部屋の真ん中では落ち着きません。猫はソファの裏側や部屋の隅など目立たない場所が好きなのです。

またドアのそばや、洗濯機などがガタガタ揺れる場所などのトイレはドキドキするので嫌いです。それが続くとトイレに行きたい時にも行けなくなり、我慢して健康を損ねたり粗相問題を起こしたりするかもしれません。

トイレは落ち着いてしたいもの。それは猫も人間も変わらないのです。

3.トイレに行くのが嫌にならない場所を選ぶ

段ボールのトイレとキジトラ子猫

高齢猫は冬になると寒さで動くのがおっくうになりトイレ回数が減ることがあります。春と秋は快適でも夏と冬に厳しいトイレはいいトイレではありません。またいつもいる場所から遠すぎるのもよくありません。

もちろんトイレの置き場が廊下の奥や玄関で悪いわけではありません。要はトイレが寒すぎたり暑すぎたりしないかどうか、猫が行くのを嫌にならない場所かどうかなのです。

4.猫砂をカラッと保てる場所を探す

トイレの上に箱猫する白黒

固まるタイプの猫砂は湿度が高いと湿気を吸って膨張します。するとオシッコのまとまり方が弱くなり、砂全体が汚れてしまいます。また湿気を吸わないタイプの砂も、乾きが悪いとにおいが出ます。

猫はにおいと足の裏の感触に敏感です。浴室や洗面所など1年中湿度が高くて水が飛び散りやすい場所は、衛生面からも避けるべきでしょう。

まとめ

トイレの横に座る猫

猫にとってのいいトイレは、①家族の気配を感じられる場所(安心)②静かで落ち付ける場所(安全)③行くのが嫌にならない場所(快適)④乾燥気味な場所(衛生的)の4つです。

しかしその場所をピンポイントで探すのがたいへんなのです。頼りになるのは飼い主さんの根気だけ。猫の様子を観察しながら、少しずつトライしてみてくださいね。

スポンサーリンク