猫が『おもちゃ』を持ってくるときの気持ち3つ

猫が『おもちゃ』を持ってくるときの気持ち3つ

猫がわざわざ「おもちゃ」を飼い主の元まで運ぶときには、いったいどのような事を考えているのでしょうか。実は猫なりにしっかりと考えがあるのです。

1858view

猫がおもちゃを運ぶ時

猫とおもちゃ

猫と一緒に暮らしていると、「なぜこんなところに?」というような場所におもちゃが落ちていたりすることはありませんか。

また、飼い主がいくら元の場所に戻しても、戻した覚えのない場所に落ちていたりすることがあります。

これは、猫が口にくわえておもちゃを移動させている可能性が高いです。

筆者も、口にくわえたおもちゃを猫が持ってきてくれたまさにその場面に遭遇したことが何度もあります。一生懸命に運んでくれてはいますが、この時猫が一体どのような気持ちなのでしょうか。

今回はこのテーマについて調べてみましたので、不思議に思っていたかはぜひチェックして下さい。

1.遊んでもらいたい

遊ぼうとしている猫

おもちゃを触っている猫は、基本的に遊びたくて触っています。そのため、飼い主の元にそのおもちゃを運んできたのであれば「このおもちゃで一緒に遊ぼう」と誘っている可能性があります。

猫は自身にとって良かった記憶は強く覚えており、以前このおもちゃで飼い主と遊んだ時にとても面白かったという記憶があるため「また遊ぼう」と誘っているのです。

またこのおもちゃを持っていけばきっと遊んでくれるはず、という期待を持っていますので、飼い主も可能な限り付き合ってあげましょう。猫はとても喜んでくれます。

2.本能

走る猫

猫には生まれつき「狩猟本能」が備わっています。それは、飼い猫になり、もう狩りをする必要のない生活になったとしても無くなることはありません。

例えば満腹な状態でも、狩りごっこをして狩猟本能を満たそうとします。その中で母猫が子猫に獲物を取ってあげる、という行動があります。

狩りの仕方を知らない子猫を心配して、母猫が代わりに取ってあげるのです。それを無意識に覚えている猫が、飼い主のために代わりに獲物を取ってきている気分になっているのかもしれません。

きっと狩りのできない飼い主の事を心配しているのです。ちょっと見当違いな心配ではありますが、持ってきてくれたおもちゃはありがたく頂戴しておき、猫の自尊心を満たしてあげましょう。

3.褒めて欲しい

撫でられている猫

猫と一緒に暮らしている方はわかっているとは思いますが、猫にも感情があります。

叱られた時は落ち込みますし、褒められた時は気持ちの良い気分になります。

そのため、おもちゃを持ってくることによって、一人前に狩りができるようになった自分のことを褒めて欲しいと考えている可能性があります。そんな時は優しく撫でて、褒めてあげましょう。

まとめ

甘えている猫

飼い猫の表情をよく観察すると、どのような気持ちになっているのかを推測することができます。

上記を参考にして、今猫が何を求めているのかを考えてみましょう。

スポンサーリンク