飼い主は要注意!猫が『嫌われた』と感じるNG行動5つ

飼い主は要注意!猫が『嫌われた』と感じるNG行動5つ

飼い主さんに悪気がなくても、猫が「嫌われた」と感じてしまう行動があるようです。その行動とは一体どんなものなのか?知らずにやってしまわないよう、あらかじめチェックしておきましょう!

6974view

1.放置

暗い顔の猫

猫は比較的孤独に強いというか、自立している生き物なのは確かですが…。それでも飼い主さんとの適度な触れ合いは必要としているので、放置されるとキツい!です。正直ずっと放っておかれたら「嫌われた」と思って心を閉ざしてしまうでしょう。

猫もうつ病のような症状が出ることがあるといわれています。飼い主さんに構って貰えないことでストレスを溜め、精神的に参ってしまうかもしれません。かと言って構いすぎも良くありませんので、適度に触れ合うようにしてあげましょう。

2.ひいき

ひいき

新入り猫や赤ちゃんなどがいる場合…。そちらばかりを構っていると「嫌われた」と思ってしまうかもしれません。飼い主さんはひいきしているつもりはなくても、どうしても手のかかる方に手間をかけてしまいがちです。

それは仕方のないことなのですが、猫にしたら「自分は構って貰えない」と愛情不足を感じてしまうでしょう。少し大変かもしれませんが、手が空いた時には猫を思う存分可愛がってあげてください。心が飼い主さんの愛で満たされれば、嫌われたと思うことはないはずです。

3.辛く当たる

怒る飼い主さん

猫が悪いわけではないのにイライラをぶつけてしまったことはありませんか?気分が落ちている時、たまたま猫が何かをしでかすとつい、当たってしまうこともあるでしょう。

そんな時猫は「飼い主に嫌われた」と思ってしまうかもしれません。感情任せに怒る姿に恐怖すら感じるでしょう。ですから、猫には常に優しく接するのが正解です。

4.叩く

嫌がる猫

叩くなんてもっての他!と世間の白い目を浴びてしまいます。どんな理由があっても、叩くのは厳禁です。それは「虐待」というもの。

そんな怖いことをされたら「嫌われた」と思ってもおかしくはありません。絶対に叩かないようにお願い致します。当たり前ですが猫だって、叩かれたら痛いのです。信頼していた飼い主さんから虐待を受けたら、トラウマになってしまう可能性もあります。

5.長時間の留守番

留守番中

あまりに長時間の留守番も「嫌われた」と思ってしまう場合が。それどころか「置いていかれた」「捨てられた」とすら思ってしまうかもしれません。

実際、出張などで長期間家を空けた時に愛猫にそっけない扱いを受ける飼い主さんがいます。かなり怒っているのでしょう。ですから、長い時間留守番して貰う時にはきちんと猫に報告してから出かけなければいけないようです。何もいわずに出かけてしまうと帰宅してからが怖いかも。お気をつけください。

まとめ

悲しげな猫

猫と人は、似ているところもあれば全く違うところもあります。人の感覚で接していると、とんでもない誤解が生じてしまうことがあるのです。

猫は近しいものの別の種族の生き物。そのことを忘れずに接していきたいものです。

スポンサーリンク