怖いの?猫にカメラを向けると顔を背けてしまう理由3つ

怖いの?猫にカメラを向けると顔を背けてしまう理由3つ

猫のことが可愛くて、ついカメラで写真を撮りたくなる方も多いのではないでしょうか。しかし、猫はカメラのレンズを向けると顔を背ける子が多いようです。その理由について調べてみました。

590view

猫とカメラ

カメラと猫

近年はSNSも発達して、愛猫の写真を投稿して多くの人に知ってもらいたいと思う人も多くなってきました。

またその理由以外にも、単純に思い出として愛猫の一瞬をカメラで残そうと考える人は多いと思うのですが、猫はカメラのレンズを向けられると顔を背けてしまう子が多いです。

これはカメラのレンズが怖いせいなのか、それとも違う理由があるのかを調べてみました。これから写真を撮ろうと考えている人はぜひ役に立つ知識だと思いますので、読んでみて下さい。

1.怖いから

写真とられている猫

単純に、「カメラのレンズが怖いから」というのも理由の一つだと考えられています。

というのも、猫の目で見ると、カメラは何か別の生物の大きな目のように見えているようなのです。

猫の世界では、「目と目を合わせることは喧嘩を売ること」を意味してしまうので、「よく分からないけど、とりあえず目を合わせないでおこう」という心理になるのです。

なんだかじっと見られて落ち着かない気分になりますし、狙われているのかもと心配になっているのです。

2.シャッター音が苦手だから

カメラと猫

カメラで写真を撮る時にはつきものである「シャッター音」が、猫にとっては聞き慣れないために苦手に思う子が多いようです。

単純に音にびっくりしているので、「うまく撮れなかったから」となんども猫を追いかけ回して撮ろうとすると、猫にとっては苦手な音が追いかけてくるような気分になり、ストレスになってしまう可能性があります。

さらに猫にとってはカメラ嫌いに拍車がかかってしまうので、無理やり撮ろうとすることはやめておきましょう。

今はスマートフォンのカメラアプリによってはシャッター音の鳴らないものもありますので、そのような機能を使って愛猫に配慮することも大切です。

3.フラッシュが苦手だから

猫と光

カメラで写真を撮られる時に、突然フラッシュを浴びてしまい、驚いて嫌な記憶が残ったせいでカメラを避けるようになる子もいます。

猫の目は、光をたくさん浴びると疲れてしまう性質がありますので、猫は強い光を放つものからは逃げようとします。最悪「失明」の原因ともなり得るので、猫にとってカメラのフラッシュは危険なものとなります。

これは猫だけでなく、他の動物にとっても同様なので、動物園などではフラッシュ撮影を禁止している場所もあるほどです。

猫の写真を撮る時は、フラッシュには気をつけるようにしましょう。

まとめ

猫と古いカメラ

猫なりに、ちゃんとした苦手な理由があるためにカメラを避けていることがわかりました。

フロントカメラなどを利用すると、猫も(何か写っているな)と興味を抱きやすいので、機能をうまく利用しながら撮っていきましょう。

スポンサーリンク