猫が『ダンボール箱』を愛する5つの理由!理想的な置き場所とは?

猫が『ダンボール箱』を愛する5つの理由!理想的な置き場所とは?

猫はダンボールが大好きなのはご存知の通りです。なぜそこまで愛しているのでしょうか?不思議ですよね。猫がダンボールを愛する理由を探ってみました。ぜひチェックしてみてください。きっと謎が解けます!

813view

1.落ち着くにゃん

こちらを向く猫

ダンボールの中に入ると猫は落ち着くようです。身を隠すことができますし、体がダンボールの側面に触れていることでホッとできます。

家の中に敵はいませんが、ダンボールのような狭い場所に入っていると少し気が抜けるのでしょう。だからいつも吸い込まれるように入って行くのです。

ダンボールを置く場所として最適なのは、なるべく静かな場所でしょう。少し暗い場所も良いかもしれません。あまり騒々しくないところがベストです。

2.収まり具合が気になる

収まり具合のチェック

新しいダンボールを見ると、とりあえずその入り心地が気になるようです。一度は入って確かめて気に入ればずっと使いますし、イマイチならプイ、です。どんなダンボールが気に入るのかはその猫次第。

多くの猫は体にジャストフィットか若干小さなものを好むよう。少し窮屈くらいが彼らにはちょうど良いのかもしれません。猫によってはとても入りきらないような小さなダンボールにも入ろうとする場合があります。

3.温かいから

温かそうな猫

ダンボールは保温性に優れた素材です。故に中に入っていると暖かく過ごすことができます。そのため、特に寒さを感じていると入りたがることが多いでしょう。

もし猫がダンボールの中で過ごしているのなら、寒さを感じているのかもしれません。室温を調整して温かく過ごせるようにしてあげましょう。

4.爪とぎ用

隠れている猫

多くの爪とぎに使われているように、ダンボールは猫が爪を研ぐのに最適な素材です。そのため、思う存分爪がとげるのでダンボールが大好きとも考えられます。

もし愛猫が爪とぎの素材でダンボールが好きなら、適度な大きさにカットして重ねれば手作りの爪とぎを作ることも可能です。愛猫のために愛情を込め、好きな形に作ってみても良いですね!

5.構ってほしくて…

構って欲しい猫

飼い主さんに構って欲しいために、ダンボールに入って気をひこうとしている可能性もあります。そこに入れば注目してくれると考えているのです。

もしかしたら以前ダンボールに入った時、飼い主さんがとても喜んだのかもしれません。その反応が嬉しくて覚えており、再び入ったのでしょう。

猫は単独行動を好む生き物だと思われていますが、実は心の中では飼い主さんとの適度なふれあいを必要としています。ダンボールに入って構って欲しいアピールをしてきた時はなるべく構ってあげましょう。

まとめ

さくらちゃん

猫とダンボールはとても相性の良い組み合わせです。思う存分満喫できるように、様々な大きさのものを用意してあげると良いかもしれません。好みのサイズを見つけ、それを隠れ家として使うようになるでしょう。

スポンサーリンク