愛猫の名前を呼んでも無視される3つの原因

愛猫の名前を呼んでも無視される3つの原因

一緒に暮らしていると何故か猫に呼びかけたくなってしまいませんか?しかし反応の善し悪しがあるのは何故でしょうか。ぜひ猫の気持ちを探ってみましょう。

1666view

1.無視はしていないニャ〜

床に座り込む猫

実は実は!無視をしているように見えても、猫達は飼い主に合図や返事を送っているのです。

名前を呼んだ時、身体のどこかに反応を感じられませんか?鳴き声で応えてくれなくても尻尾や耳で返事をしている姿は多いのです。見た目は面倒くさそうに「聞こえてるニョ」という雰囲気で少しだけ動かしてくれています。

この「猫のボディランゲージ」をしっかりと観察してみてくださいね。猫は無視はしていないことが多いですよ!

2.独りでリラックス中ニャ〜

キャットウォークでグルーミング中の猫

猫が独りの時間を楽しんでいる時に名前を呼んでも「うるさいニャ」と思われてしまいます。

眠かったりルーティンワークであるグルーミングや爪とぎをしている時間、その他にもぼーっと日なたぼっこをしているタイミングは猫に無視をされやすいでしょう。

考えてみれば、私達人間も睡魔におそわれている時に話しかけられても応えられませんよね。独りきりのリラックス中は邪魔をしないようにしてくださいね。

3.集中しているニャ!

窓からのぞく猫

窓から鳥や昆虫等を見つけて狩り気分に没頭している時に呼んでも、きっと無視されてしまうでしょう。

尻尾を横に振り振りしたり、カカカカと鳴きじっと集中している姿は可愛いので思わず呼びかけたくなってしまいます。しかしそれは、猫が楽しみに集中している時なので、猫のペースを乱さないようにソッと見守ってあげましょう。

猫のペースに合わせる

スリスリする猫

あまりしつこく呼びかけると、愛猫から嫌がられてしまいますのでご注意ください。その代わり、猫から呼ばれた時はしっかりと遊んであげてくださいね。

まとめ

mocaくん

愛猫の名前を呼んでも返事もしてくれない…無視される3つの原因についてお伝えいたしました。

タイミングが悪いと返事をしてくれないのは、人間も一緒でしょう。一緒に暮らせば猫の性格も様子もお互いに馴染んできますが、猫の根本的な気持ちを理解すれば、もっと猫との距離感は縮まり楽しい日々を過ごせるでしょう。

猫達には飼い主に気を遣わず、気持ちに忠実にジャマ猫であってほしいと思ってしまうのは私だけでしょうか。

スポンサーリンク