猫の平均寿命はどのくらい?なぜ人より短いの?

猫の平均寿命はどのくらい?なぜ人より短いの?

猫の寿命は人間よりも短いといわれています。では実際に猫の平均寿命は何歳くらいなのでしょうか。また、どうして猫の命が人間よりも短いのか。その理由についてお伝えしていきます。

2828view

猫の平均寿命は何歳?

飼い主の膝の上で撫でられて気持ちよさそうにしている猫

私たちの良きパートナーや家族になってくれる猫は、人間の寿命と比べるととても短いものになってしまいます。では実際に猫の平均寿命はどのくらいなのかといいますと…、一般社団法人ペットフード協会による2019年度の調査では『15.03歳』となるそうです。

ちなみに完全室内飼いの猫の場合は平均寿命が15.95歳。外に出すことのある猫は平均寿命が13.2歳となり、室内だけで飼われている猫の方が寿命が長いことがわかっています。外に出る猫の方が寿命が短いのは、外に出ることで事故にあったり病気や怪我を負ったりする可能性が高くなってしまうからなのでしょう。

特に感染症にかかったり事故にあったりする可能性は、完全室内飼いの猫に比べるとグンッと高くなってしまうことが容易にイメージできますよね。

人より猫の方が寿命が短い理由

男性に抱っこされて眠っている猫

では完全室内外でも寿命が約15歳となる猫は、なぜこれほどまでに人との寿命の長さがちがうのでしょう。有力な説によりますと『猫は人よりも時計の針が進みやすい』といえます。基本的に猫を含めた哺乳類の寿命は心臓の鼓動する回数と密接な関係にあるようです。

人も猫も寿命が訪れるまでに心臓が動く回数が決められていて、定められた回数まで心臓を動くと命が止まってしまうといわれています。寿命までの鼓動の回数はあまり人と猫に違いがありませんが、人と猫とでは心臓が鼓動するスピードが異なってしまいます。

人は猫よりもゆっくりとしたスピードで鼓動するのに対し、猫は人よりも速いスピードで鼓動するのです。つまり猫の方が人よりも限られた鼓動の回数に早く達することになりますので、どうしても人よりも寿命が短くなってしまうそうです。

例えば、一年間で人が1つ歳をとるのに対して大人になった猫は一年で4つ歳をとるといわれているのは、猫の方が歳をとるのが早い(成長または老化していくスピードが早い)からだといえますね。

猫は何歳まで生きられるの?

寝転んでこちらを見つめる猫

平均寿命が約15歳の猫ですが、猫は何歳まで生きることができるのか気になりませんか?世界の猫を見てみると、なんと!アメリカで飼われていたクリーム・パフちゃんが38歳まで生きたそうですよ。

人間の年齢だと約170歳なのだとか!ちなみにクリーム・パフちゃんはベーコンエッグやアスパラガス、ブロッコリーなどを食べ、驚くことに猫にとってNGとなるコーヒーまで飲んでいたそうです。

どのような理由でクリーム・パフちゃんが長生きできたのかは謎が残るといえそうですが…、おそらくストレスのない生活を送りながら栄養のあるものを適切に食べていたのかもしれません。ただこの場合でもコーヒーが体に与える影響の謎が残ってしまうといえますね…。

とはいえ、毎日の食生活や生活習慣をキチンと管理しなるべくストレスを与えないようにしてあげることで、少しでも長く愛猫と一緒にいられるようにできるといえそうですね。

まとめ

猫を抱きしめてキスをしている女性

寿命はその猫によって違いますし、猫の種類によっても異なるといえるでしょう。しかし、昔と比べると近年猫の寿命は長くなってきているといえます。

これは猫のフードの質が良くなったり猫に関する正しい知識などが広く知られることになったりしたのが大きく関係しているのでしょう。また、猫を飼う環境が良くなったり昔よりも猫と密接な関係になることで寿命が長くなったともいえそうですね。

私の個人的な考えになりますが…安心感のあるストレスのない環境、質の良い食生活。適度な運動、そして愛情をもって仲良くすることが愛猫の寿命を長くする秘訣だと感じています。

ですので、愛猫の寿命を少しでも長くする方法が知りたい!と思っているのでしたら、まずはこれらのことを意識してみることをおススメします。愛猫と何十年も長く一緒にいられると良いですね。

スポンサーリンク