猫が人に『ソフトタッチ』するときの5つの要求

猫が人に『ソフトタッチ』するときの5つの要求

あの可愛い前足でちょんっとソフトタッチされたら、メロメロになってしまいそうです。既に十分やられてしまっている飼い主さんも少なくないでしょう。どんな要求があって猫はソフトタッチをしてくるのでしょうか?チェックしてみましょう。

2397view

1.構ってにゃ

手と手

「構って欲しいにゃ〜」と思っている時にそっと前足を飼い主さんの方に差し出しソフトタッチ!ということがあります。きちんと気づいて欲しいのでしょう。ソフトタッチするかどうかは猫の性格によるようです。

積極的に絡んでくる子と、とにかく側にじっと座って圧をかけてくる子など様々です。愛猫がどのような性格かは飼い主さんが一番良くご存知かと思います。

あのモフモフの前足でソフトタッチされたら思わず言うことを聞いてしまいそう。忙しくても断れない飼い主さんは多いでしょう。

2.お腹空いたにゃ

催促する猫

お腹が空いてどうしようもないので飼い主さんにどうにかして貰おうというのでしょう。猫はあまりに空腹になると胃がムカムカしてくるそうです。気持ちが悪いので飼い主さんに確実に気がついて貰うためにソフトタッチすると考えられます。

朝方起こしにかかってくる時、初めはソフトタッチしてくる猫は多いです。それで対応してくれないと段々とエスカレートしてきます。最終的には猫ボムが飛んできますので要注意です。その破壊力はハンパではありません。

3.どこ行くにゃ?

引き止めたい猫

飼い主さんがどこかへ行こうとした時に「どこに行くにゃ?」とソフトタッチしてくる場合も。きっとどこにも行って欲しくないのでしょう。「行くにゃ〜!」の意味も込められているのだと思われます。

こんなことをされたら愛おしくてたまりませんね!思わず足を止めてしまいそうになります。甘えん坊だといつもいつでも飼い主さんと一緒にいたがるため、こんな仕草をしてくることが多いかもしれません。

4.遊んで欲しいにゃ

催促の手

「遊んでにゃ」と訴えたい時にもソフトタッチで伝えてくることがあります。猫は遊び好きが多いです。遊びにはストレス解消や運動量の確保、気分転換などたくさんのメリットがありますので、ぜひ時間を見つけて遊んであげましょう。

お気に入りのおもちゃならやる気も俄然アップします。まるで生きている獲物のように動かしてあげれば、目をランランさせながら飛びついてくること間違いなしです。愛猫との絆も深まりますよ!

5.やめるにゃ!

ストップ

飼い主さんにされることが嫌で「やめるにゃ!」と訴えたいがためにソフトタッチで知らせてくることも。近づき過ぎ、お手入れされるのが嫌など理由は色々考えられます。

拒否のソフトタッチをされた場合はあまりしつこくするとストレスになってしまうかもしれません。気をつけてあげてください。基本猫の気分に合わせて対応して行くのが一番です。体のお手入れなどは一気にやらなくても少しずつでもOKなので、ペースに合わせて行って行きましょう。

まとめ

ラブくん

可愛い猫のソフトタッチ。されたら思わず「どうしたの〜?」と顔がほころんでしまいます。なぜソフトタッチをしてくるのか、その理由を考えてあげることは大切です。しっかりと猫の気持ちを掴んで行きましょう!

スポンサーリンク