猫に『不快感を与える』飼い主のNG行為3つ

猫に『不快感を与える』飼い主のNG行為3つ

猫と仲良くなりたいのに、知らずに猫にとって不快に感じることをやってしまっている飼い主さんはいらっしゃらないでしょうか。自分は当てはまっていないか是非確認して下さい。

2696view

猫に不快感を与えてしまう飼い主さん

隠れる猫

愛猫と一緒に暮らしている飼い主さんの大半は、もっと愛猫と仲良くなりたいと考えているでしょう。

しかし、日々の接し方次第ではもしかすると逆効果になっており、愛猫に不快感を与える行為をしてしまっているかもしれません。何気ない行動が猫への不快感となる可能性があるのです。

自分は大丈夫と思っている飼い主さんも今一度確認してみて下さい。もしやってしまっていたという時は、すぐに改善していきましょう。

1.タバコを吸う

タバコ

飼い主さんの癖でタバコを吸っているのでしたら、可能な限り辞めてしまいましょう。猫は匂いに敏感な生き物ですので、人間以上に不快に感じます。

しかし言葉が話せない為に、飼い主さんが構わず喫煙をしても「何も言わない=なんとも思っていない」と勘違いしている飼い主さんが多くいます。タバコの匂いで不快に思わない猫はいませんので、じゅうぶんに配慮しましょう。

また同じ匂いに関連して、香水も同様です。人間にとってはほのかな匂いと感じていても、猫にとっては強烈に感じています。悪臭の分類に入るほどきつく不快感を覚えます。

どうしても香水をつけたい時は外に出た時に、そして帰宅したらすぐお風呂に入るようにして、影響を少なくしましょう。

2.構いすぎ

怒っている猫

大半の飼い主さんがやってしまいがちなのが、愛猫への構いすぎです。

猫が望んでいないのに、飼い主さんの都合が良い時に構ってしまうと愛猫からは逆に嫌われてしまいます。猫は本来独立して生きていく生き物ですので、一人の時間も大切にします。

猫はよく、一匹で別室で寝ていたりする時があるかと思いますが、それは誰にも邪魔されずに静かに寝ていたいという表れです。そんな時にわざわざ構いにいってしまうと、愛猫は不快に感じてしまいます。

猫から好かれたいのであれば、猫の時間にも配慮してあげて、向こうから甘えたそうに近づいてきたら構うようにしてあげましょう。

3.トイレの清掃

トイレと猫

猫にとって重要なポイントとも言えるのが「トイレの清潔さ」です。トイレ掃除をないがしろにしてしまう飼い主さんだと、愛猫は不快に感じてしまいます。

猫はもともと綺麗好きな生き物ですので、汚い場所でトイレはしたくない傾向があります。あまりにもひどい場合には、別の場所でトイレをしてしまうきっかけにもなりますので、トイレだけは努めて綺麗にするように心がけましょう。

まとめ

不安そうな猫

猫の視点で考えると、不快に感じてしまうポイントが人間とは少し異なります。

飼い主さんの方が愛猫に配慮して生活しやすいように整えてあげると、お互いに過ごしやすくなりますので、まずは出来ることから改善していきましょう。

スポンサーリンク