実は『ハチワレ』には種類があった!あなたの愛猫はどんな模様?

実は『ハチワレ』には種類があった!あなたの愛猫はどんな模様?

「ハチワレ」と呼ばれるようになった由来は諸説ありますが、現在は「額の部分の毛が八の字のように見える」という理由で「ハチワレ」と呼ばれることが多いようです。日本では、キジトラ模様についで2番目に多い模様であると言われています。実際に飼われている方も多いと思いますが、実は様々な種類があります。今回は「ハチワレ」猫の種類についてご紹介します。

3876view

①2色タイプ

ドアップの猫
  • 黒x白
  • 茶色x白
  • 薄茶色x白
  • グレーx白

最もよく見かけるのは、黒x白のはっきりとした模様の「ハチワレ」でしょう。まるで人間の髪の毛のように見えるのも特徴の1つです。

猫の毛色は、遺伝子の組み合わせにより決まり、それ以外にも、茶色や薄茶色、グレーでも額が八の字に割れて見える模様であれば「ハチワレ」と呼ばれています。

②3色タイプ

三毛猫のハチワレ
  • 黒x茶色x白
  • グレーx茶色x白

三毛猫やキジ模様の猫でも、額が八の字に見える模様は「ハチワレ」ということになります。同じ三毛猫でも、額が八の字になるかは、産まれてみないとわからないのです。

猫の模様はとてもバリエーションが豊富で、両親と同じ模様になるとも限らないところが、何とも興味深いですよね。

③純血種の中にも!

ノルウェージャンフォレストキャット
  • スコティッシュフォールド
  • マンチカン
  • ノルウェージャンフォレストキャット
  • ラグドール
  • ブリティッシュショートヘア

折れた耳が特徴のスコティッシュフォールド、足が短いマンチカン、フワフワとした長い毛並みのノルウェージャンフォレストキャットなど、日本でもとても人気のある猫種です。

いわゆる雑種と呼ばれる猫だけではなく、上記のような純血種にも「ハチワレ」模様の猫は存在します。

まとめ

グレーのハチワレ猫

いかがでしたか?「ハチワレ」猫を飼われている方は、どの種類でしたでしょうか?

「ハチワレ」猫は、黒x白だけではなく、他の色でも「八の字」に割れている猫は存在し、温厚、社交的、警戒心が強いなど、性格も異なるようです。

真ん中で綺麗に分かれている「ハチワレ」、額の上部で分かれている「ハチワレ」など、それぞれの特徴がありますので、猫に出会ったときは、ぜひ額の模様にも注目して頂ければと思います。

スポンサーリンク