あるある?猫飼いさんがドッキリした瞬間5つ

あるある?猫飼いさんがドッキリした瞬間5つ

猫を飼っていると時々、あわや大惨事!になりそうなドッキリとする瞬間があります。本当に事故になってしまったら、取り返しがつかないかもしれません。そんな悲劇を生まないためにもしっかりとチェックしておきましょう。

475view

1. ヤケドの危機

寝そべる猫

猫がガス台やIHヒーターの上に乗り、あえなくヤケドしそうになってしまった…。こんなドッキリの瞬間があります。

調理中、美味しそうな匂いにつられた猫が思わず飛び乗ってしまう可能性がありますので、十分に注意しましょう。特にIHヒーターは普段は熱くないので、危険はないと思っている猫が普通に通ろうとするかもしれません。

また、ストーブやヒーターなども危険です。温かいものが大好きな猫です。気が付いたら必要以上に接近していて、ヤケドしてたなんてことも。被毛が焦げていても分厚いので、猫自身も気がつかないことがあるのです。

ストーブガードを設置して、ヤケドを防止しましょう。ただ上面がないものだと飛び越えてしまうので、しっかりとストーブの全面を囲うようなものが良いでしょう。ヤケドの危険性があるストーブではなく、エアコンやこたつなどを代わりに使う方法もあります。

2. 脱走

脱走する猫

猫は常々、飼い主さんがいつも出かけて行く外の世界に興味を持っています。もちろん「お家の中が一番にゃ!」という猫もいるでしょうが、それは外の過酷さを知っている猫でしょう。

外の世界を知らない猫は、知りたくて仕方ない衝動にかられる時があるようです。不妊手術をしていないとなおさら、発情期には相手を求めて外に出たがります。

その欲求が「脱走」という形で現れてしまうのです。宅配便が来た時や飼い主さんの帰宅時などにスキを狙って脱走してしまいます。ご存知のように外の世界は猫にとっては危険なところですので、事故などに遭わないように気をつけてあげてください。

3. ガジガジ

毛糸と猫

猫はヒモ状のものが大好きです。おもちゃはもちろん、ダンボールなどを括るビニール紐や電気コードなどもガジガジします。ヒモ状のものを飲み込んでしまうと、体内で絡まったりボール状になったりして危険です。また電気コードをかじって感電…なんてことも。

猫がヒモ状のものを飲み込んでしまわないよう、猫がいじれない場所にしまっておく必要があります。電気コードはカバーがありますので、かじらないようにしておきましょう。

4. 薬が襲われた

目をつむる猫

猫にとって飼い主さんの薬は中毒の原因となります。飲もうと思った時に誤って落としてしまったため、猫が薬を襲ってドッキリ、ということも。

手が届く場所に置いておくと、猫が勝手にいじってしまう可能性もあります。万が一飲み込んでしまったら大変です。薬の管理は慎重にしましょう。

5. 閉じ込め

ドアを見上げる猫

やってしまいがちなのが猫の閉じ込めです。トイレや自室、クローゼットなどのドアを猫がいると気がつかずに閉めてしまうことがあります。

猫は音もなく近づいて来てスルッと入り込むので、分からない時があるのです。すぐに気がつけば良いですが、例えば夏の暑い日に何時間も締め切った部屋に閉じ込めてしまったなんてことになれば大変です。

ドアを閉める前に必ず、猫が入り込んでいないかをチェックするようにしてください。

まとめ

ご飯を狙う猫

安全と思える家の中も、意外と危険が満ちています。大切な猫が不幸な事故に遭わないためには、飼い主さんが気をつけてあげるしかありません。安全に過ごせるように室内を整えましょう。

スポンサーリンク