猫が飼い主に怒ってしまう原因5つ

猫が飼い主に怒ってしまう原因5つ

普段は可愛い愛猫なのに、ふと見ると牙をむき出しにしてものすごく怒っていた…!どうしてなのでしょうか?猫がそこまで怒るからには何か原因があるはずです。探って行きましょう。

1361view

1.踏まれた!

怖い顔の猫

故意じゃなくても飼い主さんに踏まれた場合に怒ってしまう猫がいます。そりゃ踏まれれば痛いですものね。怒るのも無理はありません。

猫は音もなく忍び寄ってくるので、足元にいることに気がつかず踏んでしまうことがあります。場合によってはしっぽの損傷を引き起こし「猫ふんじゃった症候群」にさせてしまったり、子猫の場合は死亡させてしまったりする危険性もあります。

意外と笑い事ではないのです。十分に気をつけて参りましょう。

2.構ってくれにゃい

どちらかというといじけている様子の猫

1匹の時間を大切にする猫とはいえ、時には飼い主さんに構って欲しいことがあります。でも当の飼い主さんは無視したまま…。家事などが忙しいのかもしれませんし、スマホに夢中なのかもしれません。

猫にその辺りの事情が分かるはずもなく、「なんで構ってくれないにゃん!」と怒ってしまいます。もし猫に接近した時にそっけなくされたら、怒っていると思って良いでしょう。ご機嫌取り、頑張ってください。

3.トイレ汚い

睨む猫

トイレにこだわりがある猫は多いです。排泄物、特に固形物が残っていると「使いたくないにゃ〜」と思うよう。すると我慢するか粗相するか、という状況になってしまいます。粗相は抗議の表れといいます。

猫のトイレは常にキレイに保っておく必要があるのです。飼い主さんの外出が多い場合はトイレの数を増やすか、自動式のトイレを取り入れると良いでしょう。いつでも気気持ち良くトイレを使えるようにしてあげてください。

4.起きてくれない

飼い主を起こす猫

朝になると愛猫が起こしにくる、場合があります。大抵はお腹が空いた、トイレ掃除をして欲しい、構ってほしいなどの理由のようですが…。

前足でパシパシしたり顔を舐めたりしても飼い主さんが起きてくれないと、猫の怒りは増大して行きます。そして最終的には高所から体当たりのジャ〜ンプ!!!飼い主さんの腹部目がけて猫肉弾が飛んできます。

さすがにこの攻撃で起きる方が多いようですが、受けるダメージは計り知れません。猫に起こされたら素直に起きるのが身のためのようです。もしくは起こされないための工夫をしておきましょう。

5.無理強いされる

警戒中の猫

自由を愛する猫は、無理強いされるのが大嫌い!ですから何か強引にやらされると怒ってしまうでしょう。例えば体のケアの為に保定される、無理やり抱っこされるなどです。

猫が怒るとイカ耳になったりしっぽを強くバタバタ振ったりするなどの仕草が見られます。そのサインに早く気づいて解放してあげてください。怒っているのにやり続けると、猫の怒りの鉄槌がくだるでしょう。つまり噛まれる、ひっかかれるということです。十分ご注意ください。

まとめ

ものすごく怒っている猫

猫が本気で怒るともう誰も手がつけられない猛獣と化します。小さいけれど飼い主さんでも叶わない強敵となり得るのです。必要以上にご機嫌を取る必要はありませんが、なるべく怒らせないようにする方が無難なようです。

猫にとってもしょっちゅう怒るのはストレスになってしまいます。体調不良の原因ともなる可能性がありますので、気をつけてあげましょう!

スポンサーリンク