インテリアにやりたい!猫が喜ぶ工夫3つ

インテリアにやりたい!猫が喜ぶ工夫3つ

猫も室内飼いが主流になった今、運動不足になったり、ストレスが溜まりがちです。室内でも愛する猫が快適に、健康的に過ごすためには、様々な工夫が必要です。しかし、ただ猫用品を買い揃えただけでは、雑然とした空間になってしまいます。インテリアで猫が喜ぶ工夫ができたら良いですよね。いったいどのようなものがあるのでしょうか。

560view

1. キャットタワー

キャットタワーに座る猫

猫は野性時代、周囲を見渡せる高い所に身を潜めていました。外敵から身を守ることができ、獲物を見つけやすい高い所は安心できる場所。その名残から、猫は高い所を好みます。そのため、広さよりも高さを重視してあげることが大切。

キャットタワーやキャットウォークで、高低差のある空間を作ってあげましょう。現在は、木製のキャットタワーや、色も落ち着いたブラウンなどで、部屋に馴染みやすい商品もたくさんあります。木材を購入して、DIYする方もいますね。

部屋のサイズや空間に合わせられるのが利点です。オシャレなキャットタワーをインテリアとして取り入れてみてはいかがですか?

2. キャットハウス

ハウスの中の猫

猫は待ち伏せ型のハンター。穴の中に潜むネズミや虫を捕まえていました。また、いつ敵に襲われるかわからない緊張状態の中で、穴の中の狭いスペースは安心してくつろげる場所。

その名残から人間から見ると窮屈そうに見える、ピッタリサイズの箱やハウスを気に入ります。猫が安心できるプライベートスペースを用意してあげることが必要なのです。

柔らかい布製やダンボール製、かごタイプなど、インテリアとしてもオシャレなデザインがたくさん売られています。どのようなタイプを気に入るかは猫によって様々。いくつか試してお気に入りを見つけてあげましょうね。

3. 爪とぎ

爪とぎベッドに座る猫

猫は、獲物を捕まえたり、自分の身を守るため、鋭い爪を維持する必要がありました。その他にも、自分の匂いをつけ縄張りを主張したり、気分を落ち着かせたいときにも爪をとぐなどきちんと理由、習性があります。

そのため、爪とぎをやめさせることはできません。しかし、家具や壁で爪とぎをされてしまっては困りますよね。猫がいつでも爪をとぐことができるよう、数ヶ所に設置することが大切です。

猫の爪とぎにも、縦型やベッド型、オブジェのようなデザイン性の高いものまで、たくさんの種類があります。立ち姿勢で爪とぎをする猫、置き型を好む猫など、好みが分かれるようです。猫の好みに合わせて選んであげましょう。

まとめ

るか

いかがでしたか?猫と暮らす人も増え、猫用品にもデザインや質へのこだわりが見られるようになりました。

一流の家具職人の方が、猫用の家具を作って販売しているほどです。人間が使うインテリア同様、愛する猫のためにも、猫が喜ぶ逸品を見つけてあげましょう!

スポンサーリンク