猫の目からわかる心理3つ。実はこんな気分だった!

猫の目からわかる心理3つ。実はこんな気分だった!

猫ちゃんは言葉を話せませんが、それをカバーするかのように非言語コミュニケーションの達人です。どのような気持ちなのかを目を見て察しましょう。

2340view

猫ちゃんの目

見つめる猫

猫ちゃんの目は吸い込まれそうな魅力があります。猫ちゃんと一緒に暮らしている飼い主さんも愛猫から見つめられると、嬉しい気持ちになる方は多いのではないでしょうか。

言葉が話せない猫ちゃんは目でも気持ちを伝えてくれます。飼い主さんも愛猫がどんな意味を持って視線を送ってきているのかを察することができれば、より信頼関係を強くするきっかけとなるかもしれません。

普段の目がどんな意味を持っているのか、気になっている方は、是非チェックしてみて下さい。

1. まばたき

佇む猫

実は猫ちゃんの世界ではじーっと目を見つめ合うことは、やってはいけない事になります。いわゆる喧嘩の合図となるのです。人の世界では「目を見て話す事」が良いとされているので反対の意味となります。

そのため目線を避けることが大事なのです。うっかり吸い込まれそうな瞳をずっと見ていると愛猫から逸らされることがありますが、それも気まずさや喧嘩したくないという気持ちから逸らしているのです。また、まばたきをする事で、親愛のメッセージを送ることもあります。

猫ちゃんからまばたきをされたら、飼い主さんも是非ゆっくりと、まばたきを返してあげて下さい。猫ちゃんは安心した気持ちを得ることができます。

2. 半目になっている状態

寝る猫

猫ちゃんがとてもリラックスしている状態になると半目になります。うっとりした雰囲気を出し、気持ちよすぎて筋肉が緩み半目となるのです。この状態の猫ちゃんには優しく撫でたり、もしくは邪魔しないように見守ってあげることも良いです。リラックスしすぎてそのまま眠ってしまう猫ちゃんも多くいますので、静かに過ごすことも大切なのです。

3. 遠い目

遠い目をする猫

人間のような感じもしますが、猫ちゃんも諦めの境地で良く現れる「遠い目」をすることがあります。知らない人や子供に抱っこされた時などによく見られます。

「この時間が早く終わらないのかなぁ」と思っていますので、少しかわいそうなのです。恐怖感がなければこのまま動かずに耐えようと考えていますので、猫ちゃんの賢さとも言えます。

自分にとって不利な状況をきちんと把握し、安全を見極めながらチャンスがあれば逃げられるかなと模索しているのです。飼い主さんがこの視線に気付いた時は、抱っこもほどほどにしてあげると猫ちゃんは安心するでしょう。

まとめ

杏(あん)ちゃん

猫ちゃんの視線は本当に様々なことを語ってくれます。飼い主さんはなるべく多くのことを察することができれば、より良い関係が築けるでしょう。日々一緒に暮らしているのであれば、しっかりと観察して一つ一つの視線を覚えて下さい。

スポンサーリンク