猫のプライドをへし折ってしまう飼い主のNG行為5つ

猫のプライドをへし折ってしまう飼い主のNG行為5つ

ビシッと威厳を持って保っている猫のプライド。それをボキッと豪快にへし折ってしまうような飼い主さんの行動があります。それは一体どんなものでしょうか?しっかりとチェックして、お猫様の対面を保ってあげましょう。

6693view

1.贔屓する

嫉妬する猫

猫や他の動物が数頭いる場合、ある特定の子を贔屓することで他の猫のプライドがズタズタになってしまうでしょう。「にゃんでアイツばかり可愛がるにゃ?」と悲しくもなってしまいます。生まれたばかりのお子さんばかり構うのも、傷ついてしまうのです。

猫はとても繊細な生き物なので、飼い主さんの十分な愛情を感じられないと体調を崩してしまうことが…。「そんなことで?」と思うかもしれませんが、これは事実です。

飼い主さんがこれくらいは大丈夫と思っても、意外と猫にはおおごとな場合があります。ですから贔屓はせずに平等に可愛がってあげてください。

2.失敗を笑う

笑う人

猫はプライドの高い生き物。ジャンプに失敗して落ちる、何かに引っかかって身動きが取れなくなるなど、飼い主さんからしたら笑ってしまう出来事でしょう。

ですが笑われた方の猫は傷ついているかもしれません。ですから笑う時は猫に気づかれないように、こっそりと笑いましょう。間違っても当猫の前で爆笑してはいけません。ご注意ください。

3.完無視

猫を見ていない飼い主

構ってアピールしたのに、無視。いたずらもして必死に気を引こうとしたのに、やっぱり無視。飼い主さんにこんな態度を取られたら、さすがの猫もプライドがへし折れてしまうでしょう。

かといって猫の要求に全て応えるのも良くないので、どうしても無理な時はスルーしてもOKです。ただ緊急性の高いものに関しては、対応してあげてください。

4.先手を取られる

いじける猫

猫がやろうと思っていたこと、例えば「脱走」などをしようと思っていたのに先手を取られて予防されてしまった…。こんな時にもプライドがへし折られてしまうようです。

本当はやってはいけないと分かっていることを禁止され、罪悪感が出るのかもしれません。さも何事もなかったかのような顔をしてどこかへ行ってしまいます。

きっと飼い主さんの裏をかくのが楽しいと思っているのでしょう。でもそれができなかったから、いじけてしまうのです。時にはそんな可愛い一面も見せてくれます。

5.お気に入りを勝手に捨てられる

ショックを受ける猫

子供の頃、いつも持ち運んでいたお気に入りのタオルや毛布などがありませんでしたか?懐かしい記憶として残っている方も多いのではないでしょうか。

実は猫もそのようなお気に入りを持つ場合があります。毛布やタオルはもちろん、爪とぎなども該当することがあるようです。もしそのお気に入りを勝手に捨てられてしまったら…!猫はどう思うでしょうか?

プライドが傷つくと同時に落ち込んでしまうことがあります。最近元気がないと思ったら、お気に入りがなくなってしまったからという例が実際にあるのです。

ですから愛猫が大切にしているものがあまりにボロボロで捨てたいと思った場合は、代わりになるものを用意してからにするか、そのまま我慢して残しておいてあげてください。

まとめ

プライドの高そうな猫

あんなもふもふでソフトな印象の猫ですが、実はプライドが高い生き物なのです。お腹を出して爆睡している姿からは、想像がつきませんが…。ですから猫のプライドをへし折らないようになるべく、気をつけるようにしてあげましょう!

スポンサーリンク