猫が飼い主を『小馬鹿にしている』時の態度と理由4つ

猫が飼い主を『小馬鹿にしている』時の態度と理由4つ

猫も時には飼い主を馬鹿にすることがあるってご存知でしたか?これは猫と飼い主が良い関係を築いているとは言えない事態ですが、どうしてそんなことになるんでしょうか。本記事では猫が飼い主を小馬鹿にしてくる時の態度やその理由をご紹介したいと思います。

1951view

1.やりたい放題

イタズラする猫

猫は好奇心旺盛なため、盛大なイタズラをすることもあります。ただし飼い主さんとの信頼関係がきちんと築かれている場合には「飼い主さんの目を盗んで」やっているのではないでしょうか。

飼い主さんの目の前でイタズラをしたとしても、注意すると一旦はやめたりする場合もきちんと信頼関係を築けています。猫には学習能力があるから飼い主さんが「ダメ」と言えばイタズラの頻度も減ることがあります。

ですが飼い主さんがいくら注意してもやりたい放題になっている場合は、飼い主さんを馬鹿にしている可能性があるんです。

飼い主さんのことをあまり信頼していない猫にあることですが、この場合は猫との信頼関係をきちんと築くことから始めないといけません。

2.常に飼い主を無視する

素っ気ない猫

猫は気分屋とも言われる生き物です。気分が乗らない時は飼い主さんが呼んでも振り向かないことはあります。ですがよく見ると尻尾を動かして返事をしていたりと、ちょっとした反応はしてくれているものです。

飼い主さんに関心を寄せてくれている猫であれば、呼んだ時に確実に何らかの反応はしてくれるはずです。

しかし「いつも」「どんな時でも」飼い主さんを常に無視する場合は飼い主さんに関心がなく、相手にする気もないということなんです。

前述のやりたい放題の場合に通ずるものがありますが、どんな場面でも飼い主さんのことを無視する場合は、飼い主さんを馬鹿にしている可能性大です。

3.攻撃してくる

噛みつく猫

飼い主さんのことを馬鹿にしている猫は気に入らないことがあったり怒られた時に噛みつくなどの攻撃をしてくることがあります。

甘噛みであれば飼い主さんのことを信頼している証拠ですが、そうでない場合には飼い主さんは大きなケガをしてしまいます。

飼い主さんやその家族の中の特定の人だけが猫に馬鹿にされて攻撃対象になっていることもあるかも知れません。

猫に攻撃される特定の家族がいる場合、その人物が猫の嫌がることをしたことがあるなどの理由も考えられると思います。

4.飼い主に馬鹿にされたから

悲しそうな猫

こう聞くと「馬鹿にしたことはない」と反論する人もいるでしょう。ですが猫は無意識の態度まできちんと読み取ることができます。

意図的に思っていなくても「しょせん猫だし…」という態度が滲み出てしまっていれば猫はそれに気づきます。そして不信感から飼い主さんのことを馬鹿にするようになってしまうんです。

猫の気持ちを尊重し「家族の一員」だと思い接してあげると猫も飼い主さんのことを信頼してくれます。やっぱり馬鹿にする態度が出てしまっていては猫にも不信感を与えてしまいますよね。

まとめ

やりたい放題の猫

いかがでしたでしょうか。

愛猫ちゃんには飼い主さんのことを心から信頼してもらいたいものですが、飼い主さんの態度や行動次第では猫ちゃんのほうから小馬鹿にされることもあるんです。

もし愛猫ちゃんがやりたい放題の時に注意しても無視されるなど、思い当たる節があれば一度愛猫ちゃんとの接し方を見直す必要もあるかも知れません。

猫ちゃんとの信頼関係をしっかりと築き、お互いに良い環境で暮らせるようになるのが一番良いことですね。

スポンサーリンク