猫が『好きな人』と『嫌いな人』に見せる態度の違い5つ

猫が『好きな人』と『嫌いな人』に見せる態度の違い5つ

猫は人のことをよく見ています。そして好きな人と嫌いな人で態度が違うことがあるのです。一体どんなところで差をつけているのでしょう?気になるポイントを探っていきましょう。

90092view

1.距離感の違い

距離感

好きな人にはべったりとくっつくのに、嫌いな人には近寄りもしない…。そんなあからさまな態度で知らせてくれます。分かりやすい!

ただ猫が人のように「嫌う」ことがあるかといえば、少々疑問です。その人の人格が嫌というよりかはまだ信頼関係ができていない場合や、行動などが警戒されているという可能性が高いです。

ですからたとえ猫から距離を置かれているとしても優しく接したりお世話をしたりすることで近づいてきてくれるかもしれません。諦めずに猫のペースに合わせてアプローチして行きましょう!

2.反応の違い

上目使いの猫

好きな人と嫌いな人に対しては、反応が違うことがあります。例えば、叱られた時。嫌いな人にはブスッとした顔をして可愛さのかけらもなくなることが。

一方で好きな人にはウルウルおめめでそれは可愛く接します。この違いは何なのでしょうか?あまりにも露骨な態度の違いに飼い主さんも戸惑ってしまうかもしれません。

3.甘え方

デレる猫

甘え方も違いが出る部分です。好きな人にはそれこそベッタベタに甘えるのに、嫌いな人には…。おやつを貰う時だけはすり寄ってくるかもしれませんが、貰った途端にどこかへ逃亡するかもしれません。

猫は誰に甘えれば良い思いができるかを把握しているので、基本的には一番懐いている人に良く甘えます。ただ人によっての役割を決めていることがあり、ご飯はこの人、遊びはこの人などと分担別で考えている場合も。

4.撫でられ方

噛む猫

大好きな飼い主さんに撫でられた猫はさも気持ち良さそうに目を閉じ、ゴロゴロ言い出します。本当に幸せそうな雰囲気を醸し出すのです。

これが嫌いな人の場合はどうでしょうか?撫でようとすると必死の抵抗をします。前足や歯などを使い、近寄ってくる手に攻撃を加えようとするのです。

もしこれが逆の立場だったら、この猫の行動の意味が良く分かると思います。誰だって嫌いな人に積極的に触られたくはありません。やはり体に触れられないように抵抗するはずです。

ですからもし猫に嫌がられたらしつこくするのではなく、スッと引いた方が印象は良いでしょう。ストレスに弱い生き物なのでやりすぎると体調を崩す…なんてことにもなりかねません。

5.関心の有無

関心のなさそうな猫

好きな人には関心を示し、じっと見つめたり反応したりしてくれます。ですが嫌いな人には無反応なことが多いのです。こちらから近寄ろうとしてもサッと逃げられてしまう場合も。

こんな態度を取られたら悲しいですが後を追うのは逆効果です。余計に嫌がられてしまうでしょう。

まとめ

れもんちゃん

猫が好きな人と嫌いな人とへの態度の違いは、こんなにもはっきりとしています。自分の気持ちに素直な生き物なのです。ですから猫の態度を見て万が一嫌われていると思ったら、無理には近寄らないようにしましょう。

ある程度距離を保っていれば、もしかしたら向こうから近づいてきてくれるかもしれません。または猫ファーストで接することにより、心を開いてくれる可能性も。焦らずに仲良くなって行きましょう。

スポンサーリンク