一人暮らしで猫は飼える?必要な心構え5つ

一人暮らしで猫は飼える?必要な心構え5つ

一人暮らしだと猫を飼って良いのかどうか分からない…。でも必要な心構えをしておけば大丈夫です。ご紹介するポイントをしっかり押さえて、猫とのラブライフを満喫して行きましょう!

823view

1. 留守中の安全確保

ブランケットに包まって眠っている猫

一人暮らしの場合、猫を留守番させる機会が多いと思います。子猫であればケージにいてもらうのが安全ですが、ある程度大きくなるとそうもいかないことが。また留守番の時間によっても放した方が良い場合があります。

家の中だから安全かと思いきや、実は意外と事故に遭う可能性が多いのです。例えば、狭い隙間に挟まってしまう、お風呂で溺れてしまう、高いところからの落下など。

留守番中も愛猫が安全に過ごせるように環境を整えておきましょう。ペットカメラを設置するのも安心です。出先から声をかけられるもの、おやつを与えられるものなどもあります。ぴったりくるものを導入しましょう。

2. 長期の留守の場合を考える

旅行カバンに入って顔をだす猫

仕事の出張や友人との旅行など、長期で家を空けなければいけないこともあるでしょう。1〜2泊程度ならご飯と水、キレイなトイレを用意しておけば留守番できます。ただ、それ以上になると快適に過ごせる環境とは言い難くなってきます。

ペットホテルやペットシッターさんにお願いするのが一番でしょう。もしくは知人に預かってもらっても。ただ猫は周囲の環境が変わることにストレスを感じますので、抵抗がなければ信頼できるペットシッターさんにお願いするのが良いようです。慣れた家で過ごせると、愛猫も安心できます。

合い鍵を預けて家に他人を入れるのですから、信頼の置けるシッターさんを選びましょう。サイトに記載されている情報がしっかり開示されているか、動物取扱業に登録しているかなどをチェックしましょう。必ず事前に面談し、様子を確かめることも大切です。大切な愛猫をお願いするのですから、ここは手を抜きたくないポイントです。

3. 緊急時の対策

救急箱の横に寝そべる猫

生きていると何が起きるか分かりません。出先で事故に遭いそのまま病院へ搬送される、大きな地震で帰宅困難に…。なんてこともあり得ます。このような緊急時に、どうするのかもあらかじめ考えておくと良いでしょう。

例えば近所の知人に猫を預けるなど、いざという時の猫の安全をどう確保するのかを決めておくのです。もちろんお願いする知人にはあらかじめしっかりと、話を通しておきましょう。

4. 快適に過ごせる環境整備

キャットタワーからこちらを見つめる猫

猫が留守中快適に過ごせる環境を整えることも大切です。いつでも新鮮な水が飲めるか、ゆっくりと眠れるスペースはあるか、日向ぼっこできる場所も必要です。

またこだわる猫が多いのが、トイレです。清潔でないと抗議の意味で粗相してくれるかもしれません。トイレは1匹であれば最低でも2個は用意しておきましょう。自動で掃除してくれる自動式のトイレを導入する手段もあります。

5. 費用面

お金の上に置かれた猫の手

日頃の生活費は一般的にそれほど高額にはなりません。フード代やトイレ費用など、1匹に対して1か月5,000円以内で収まるでしょう。もちろん高級フードなど、費用をかけようと思えばいくらでもかけられます。

猫にかかる費用で気をつけたいのが「医療費」です。人間のように公的保険がありませんので基本的に実費となります。1度の診察代は数千円〜1万円程度で済んだとしても、手術をした場合は数十万円単位が必要になってきます。あらかじめペット保険に加入しておけば出費を抑えることができます。これも要検討事項です。

まとめ

ジョージ

一人暮らしでも注意したいポイントを押さえておけば、猫を飼うことは十分可能です。快適に過ごせるようにしてあげてください。帰宅するとほわほわの猫が待っていてくれることは大きな癒しとなるでしょう。ぜひその暮らしを楽しめるようにしていきましょう。

スポンサーリンク