不満を持った猫の『抗議サイン』5つ

不満を持った猫の『抗議サイン』5つ

のんびり気ままに過ごしているように見える猫でも、飼い主さんに対して不満を持つことがあります。そんなとき猫は、感情をあらわにして飼い主さんに抗議をします。愛する猫の「抗議サイン」は見逃したくないですよね。それでは、猫は不満を持ったとき、どのように抗議するのでしょうか?

2041view

1.シッポをバタバタ

シッポをバタバタと振る猫

「シッポは口ほどにものを言う」と言われるほど、猫の感情はシッポに表れます。ピンと立てているときはご機嫌ですが、バタバタとし始めたら要注意。しつこく構いすぎると、猫はシッポをバタバタと動かし、「もうやめて!」と抗議します。構うのはほどほどにしましょうね。

2.噛みつく

指に噛みつく猫

突然ガブッと噛まれてしまったことはありませんか?撫でているときや、ブラッシングのときなど、「気持ち良さそうにしてたのに、どうして?」と思うことがありますよね。

「猫は気まぐれ」なんて言いますが、過度なスキンシップを嫌がります。「もういいよ!」と飼い主さんに抗議しているのでしょう。噛みつかれてしまうとショックですが、そっと手を引きましょうね。

3.鳴き声で訴える

鳴いている猫

野生時代の猫は、声を出すと外敵に存在を知られてしまうため、無駄に鳴くことはありませんでした。しかし、家の中で暮らすようになってからは、鳴き声で飼い主さんに不満を訴えることがあります。

「ウー」「ンミャーオ」「アオーン」と低い声で鳴くときは、「かまってほしい」「ご飯がほしい」などの要求を表しています。猫の抗議のサインの1つです。

4.邪魔をする

パソコンの横で横たわる猫

飼い主さんが何かに夢中になっているときに、猫が邪魔してくることがありますよね。新聞を広げると上に乗ってきたり、パソコンのキーボードを占領するなんてことも…。

これは、「そんなものより、こっちを見て!」と自分に注目してほしいときや、構ってほしいときの猫の抗議のサインなのです。

5.突然毛繕いする

毛繕いする猫

猫が毛繕いをするのは、体を綺麗に保つためだけではなく、気持ちを落ち着かせるためにも行います。これを「転位行動」と言い、イライラや不満があるときに、その気持ちを沈めるために突然毛繕いをするのです。何かしらの不満があり、抗議しているのかもしれません。

まとめ

不機嫌な猫

いかがでしたか?猫が不満を抱えているときの行動や仕草は意外とわかりやすいと思います。猫は実はストレスを感じやすい動物。過剰なストレスは、人間と同様、病気の原因になってしまいます。飼い主さんは、猫の「抗議サイン」を見逃さないようにして下さいね!

スポンサーリンク