気付いてあげて!猫が見せる不器用な愛情表現5つ

気付いてあげて!猫が見せる不器用な愛情表現5つ

日々猫が見せてくれる感情表現を、私たちはどのくらい理解してあげられているのでしょうか。特にせっかく向けてくれた愛情に気づかずスルーしてしまったら、がっかりされてしまうかもしれません。ここでしっかりとチェックして行きましょう。

2480view

1. 密かに近くにいる

毛布の上からこちらを見つめる黒猫

「スリスリ」や「ちょいちょい」など、直接的な愛情表現をしてくれると分かりやすいのですが…。不器用な愛情表現の一つとして「ひっそりと側にいる」ことがあります。

付かず離れずの微妙な距離感で飼い主さんの近くにいませんか?気がついたらちょっと離れた場所にいた、ということが多いのではないでしょうか。本当は甘えたいけど、器用にアプローチができないため、さりげな〜く側にいるのです。

2. 遠くから見つめる

じっと見つめる猫

遠くから見つめることも、不器用な表現方法として挙げられます。壁に隠れて、また高い場所からじっと見つめてくるのです。本当は飼い主さんの様子が気になって仕方ないのでしょう。器用にすぐに側に行ってスリスリできれば良いのですが、それができないために遠くから暑苦しい…いやいや、熱い視線を送ります。

何となく視線を感じて振り向いたら愛猫がこちらを見ていた、ということは良くあります。飼い主さんのほうから近づいてきてほしいのかもしれません。

3. 近づくとなぜか逃げる

階段を駆け上がる猫の後ろ姿

大好きな飼い主さんが近づいてきてくれたのに、なぜかさっと逃げることも多いです。不思議すぎる…。人間でいうところの「好き避け」のようなものでしょうか。

素直に飼い主さんの愛を受け取れば良いのに、思わずさっと逃げてしまいます。筆者宅のボス猫も、自分から床にゴロンと転がってアピールしてきたにも関わらず、近くと急いで走り去っていきます。不思議すぎてもう、好きにさせていますが…。こんな不可解な行動を取る猫がいたらきっと、不器用だけど愛情を一生懸命表現しているのです。

4. やりすぎ

人の手を掴んで噛む猫

時には直接的な愛情表現をすることがあります。それがやりすぎになることも多いのです。例えば舐めるにしてもこちらが嫌がるくらいにベロベロしますし、飼い主さんの手をガジガジすることもあります。

甘えるときはとことんまで甘える、ふみふみもしつこいくらいにやるなど、愛情を表現された側が困ってしまうことが。そんなところも不器用な愛情表現の特徴です。

5. 落ち込んでいるときだけ触らせてくれる

頭を撫でられて嬉しそうな猫

これは実話なのですが、ある黒猫はとても誇り高く、自分の認めた人以外は絶対に触らせてくれなかったそう。あるときそんな猫が初めて体に触れるのを許してくれたことがありました。

それが落ち込んでいたときです。泣きじゃくるその人を見て「しょうがないから触ってもいいよ」とでもいうかのようにそっと、近くに寄り添ってくれたそうです。

スリスリするでもなくペロペロするでもなく、さりげなく側にいて慰めようとするその姿には感動さえ覚えます。その人がそのとき以外で黒猫を触ったのは、天寿を全うした後だけだったそう。ちょっと悲しいけれど素晴らしいお話です。

まとめ

ミル

元々猫は行動が不可解で分かりにくいところがあります。でもそんな猫たちの愛情表現に気がついてあげられるのは飼い主さんだけ。しっかりと猫の愛情、受け取ってあげてください!

スポンサーリンク