猫が『寂しかった…』と訴えているサイン5つ

猫が『寂しかった…』と訴えているサイン5つ

帰りが遅くなった時、あるいは旅行で家を空けた時、こんなことはありませんでしたか?もし思い当たることがあれば、それは猫が「すごく寂しかった」と訴えている印です。分かりやすいものから、誤解を受けやすいものまで、5つのサインをご紹介します。

17252view

1.玄関まで出迎えスリスリ

赤毛の女性に甘えるサバトラ
  • いつもは来ない玄関に、迎えに来る
  • 靴を脱ぐ間も待ちきれず、ゴロゴロすりすり、ニャーンと鳴く
  • おやつやご飯もそっちのけですりすりが止まらない

飼い主さんが帰って来た安堵感と嬉しさで、挨拶が止まらない状態。誰にでも分かる、ストレートな「寂しかったよ」サインです。

2.おもちゃが散乱している

ベッドの上のキジトラ長毛

部屋中のおもちゃの散乱は、留守中楽しく過ごした証拠。しかし、飼い主さんのベッドやスリッパの上などにおもちゃがあったなら、そこで遊んでいた印です。大好きなパパママの匂いに包まれて遊び、そのまま眠っていたかもしれません。猫の「寂しかった」がよく分かる、物的サインと言えるでしょう。

3.留守中の粗相・イタズラ

横倒しの鉢植えと猫2匹

仕返しや嫌がらせと受け取られることが多いのですが、これはおそらく猫の不安解消法の一種です。粗相は、トイレに問題がないのであれば、飼い主さん不在の不安から、縄張り強化をしたのかもしれません。

また、イタズラは、「いけないことをすると飼い主さんが飛んでくる」と学習した猫の、必死な呼びかけ行為なのかもしれません。いずれにせよ飼い主さんにとっては怒り心頭の迷惑行動ですが、最大級の「寂しかった」サインであると解釈できるのではないでしょうか。

4.膝から離れない

本を読む女性とサバトラ

ひっきりなしに抱っこをせがんだり、ずっと側をうろうろしてみたり。いつも以上に甘えるようなら、それも間違いなく「寂しかった」サインです。長い旅行の後などはそれが数日続くこともあり、それほど不安で寂しかったのかと、しんみりさせられる瞬間です。

5.悲しい顔をする

頭をなでてもらう長毛猫

猫の感情表現は驚くほど多彩です。留守番後のしょんぼりは、

  • 目を何度も細めて見せる
  • 肩が落ち、ヒゲや毛が寝ている
  • 少し遠くにいて、呼んでもじっとしたまま
  • 抱いても力がない

など。
少し説明が難しいのですが、人間の泣き出しそうな雰囲気に似ています。もしそんな元気のない顔で見つめてきた時には、もちろんそれは「寂しかった」のサイン。たくさん慰めてあげましょう。

まとめ

麦

猫は親子きょうだい、猫や人間の友だちとの関係を大切にする生き物です。それは、日本中にある猫島での、観察記録からも見て取れます。だからこそ、猫の「寂しかった」を見逃してほしくないのです。猫は飼い主さんをとても大事に思っていて、会えれば喜び、いなければ不安になり、色んな方法で寂しかったと訴えます。どうかそれに気がついて、安心させてあげてくださいね。

スポンサーリンク