猫が突然『ヒザに乗ってくる』ときの心理5つ

猫が突然『ヒザに乗ってくる』ときの心理5つ

猫と暮らしていると、突発的な猫の行動に驚かされることも多いですよね。「猫は気まぐれ」なんて、よく言いますが、そのまま眠ってしまい、動けない…という経験をされた方も多いでしょう。猫が突然ヒザに乗ってくるとき、どのような気持ちなのでしょうか?

4395view

1.甘えたい

飼い主の膝の上で眠っている猫

飼い主さんが長時間留守にしたときなど、猫は全力で「寂しかった」アピールをします。「大好きな飼い主さんの側にいたい」という気持ちから、ヒザに乗るのです。優しく声をかけ、甘えさせてあげましょうね。

2.暖かい

飼い主の膝の上に乗って抱かれている猫

猫の種類や、毛の長さにもよりますが、猫は元々砂漠で暮らしていたため、寒さには弱い猫が多いようです。また、猫は体温調節が苦手。猫が飼い主さんのヒザに乗るのは、飼い主さんの体温で温まろうとしているからです。「寒さしのぎのため」だと思うと、残念に思ってしまいますが、飼い主さんのヒザの上が温かく、気持ちが良いのです。

3.自分に注目してほしい

飼い主の膝の上から見つめる猫

飼い主さんが座ってパソコンで作業していたり、テレビを見ていたりするときに、突然ヒザの上に乗ってくることがあるでしょう。これは、「そんなものより、私を見てよ!」と「自分に注目してほしい」という気持ちの表れです。飼い主さんが、何かに集中しているときに、自分をアピールしようと、じっと見つめて訴えるように、ヒザに乗ってくるのです。飼い主さんは、「ちゃんと見ているよ」と伝えてあげましょうね。

4.要求がある

女性の膝の上で鳴いている猫

猫がヒザに乗ってくるのは、何か要求があるときでもあります。「お腹がすいた」「遊んでほしい」「撫でてほしい」など、飼い主さんに要求があるとき、じっと見つめて鳴くことがあるでしょう。
我が家の猫は、トイレを掃除してほしいとき、私のヒザに乗り「ニャー」と鳴きます。猫の要求は様々。見極めるのは難しいかもしれませんが、猫の気持ちを読み取り、要求を満たしてあげましょうね。

5.信頼している

飼い主の膝の上で撫でられて眠そうにしている猫

野生時代、単独で狩りをしていた猫は、常にいつ敵に襲われるかわからない緊張状態にありました。その名残から、猫は安心できる場所でしか、眠ることはありません。そのため、猫が飼い主さんのヒザの上で眠っているとき、飼い主さんのことを信頼している証拠。そこが安心できる場所だと感じているのです。

まとめ

飼い主の膝の上で気持ちよさそうに眠るコマちゃん

いかがでしたか?猫はあまり感情を表さないと思われがちですが、実際はそんなことはありません。「ヒザに乗る」という行動にも、猫のたくさんの気持ちが隠されています。日頃の行動をじっくりと観察し、猫の気持ちを読み取れる飼い主さんを目指しましょう!

スポンサーリンク